このブログを検索

やまざきゆうみ&AIMI 『姉妹の見た世界』

『姉妹の見た世界』
やまざきゆうみ&AIMI
2019.11.29 - 2019.12.1
space : WEST1-F


やまざきゆうみさんとAIMIさん、姉妹ふたりによる展示会が開催中!
家族であり、個々であり、それぞれの世界をもつアーティストであるふたり。
本展示で発表される共同作品からはそれぞれの世界観はもちろん、家族のこと、個性のことなど、さまざまなことが感じられそうです。
展示会の様子をご紹介します!


WEST館1階で開催中のやまざきゆうみさんとAIMIさんによるふたり展『姉妹の見た世界』。
展示会場には今回の展示に向けて同じテーマで制作されたシリーズ作をはじめ、
それぞれがこれまでに制作してきた作品など、
アーティストふたりの表現世界に深く迫れる内容となっています。


やまざきゆうみ&AIMI 『姉妹の見た世界』

人間とは個である。家族であっても見ている世界は皆、違う。
姉は、絵に生きる意味を見出し妹は、自分の見たままに絵を描く。
個々に活動していた2人の姉妹がまさかの姉妹展として今ここで、初めてのコラボレーションに挑む。

(展示会コンセプトより)



こちらは「木」というテーマで制作された作品。
共同のテーマでそれぞれが制作し展示会場で合体させたシリーズ作品のひとつです。

通常、それぞれ別で制作活動をされているおふたり。
それぞれのスタイルが異なるため、
これまでふたりで作品を発表するということは考えたことすらなかったそうですが、
友人の「一緒に展示しないの?」というひとことで、
共同での展示を意識しはじめ、今回の展示につながったそうです。



こちらのテーマは「ハート」。
左側がやまざきゆうみさん、右側がAIMIさんの作品。
やまざきゆうみさんは水彩、AIMIさんはアクリルで作品を制作されています。
ふたりの作品を並べることで、それぞれのスタイルがより際立つようです。



こちらのテーマは「空」。
並べられた作品を目の前にすると、同じテーマからアーティストによって全く異なった作品が生まれるということが当然ながら改めて興味深く感じられます。



展示会では、おふたりのシリーズ作品以外に、それぞれの作品を展示する一角もあります。
作品の技法、スタイルはもちろんのこと、展示方法まで、こんなに違うとは!



こちらはAIMIさんの展示作品からインパクトの強かった作品。
AIMIさんのは作品に、ツタなど、自然界の曲線をよく取り入れるのだそうです。
作品は無数の線がうねり、半立体となり、人間の顔が覆われているようにも、浮き出たようも見えます。
生命の強い気配を感じる作品です。



こちらはやまざきゆうみさんの漫画作品。
毎週更新していくプロジェクトで、作家が紡ぎ出す壮大な世界が魅力的です。
詳しくはこちらから!

非常に興味深く、見る人に新鮮な気づきを与えてくれるこちらの展示会、
やまざきゆうみさんとAIMIさんによるふたり展『姉妹の見た世界』は12月1日までの開催。
ぜひお見逃しなく!


展示会タイトル:『姉妹の見た世界』
アーティスト:やまざきゆうみ&AIMI
会期:2019.11.29 - 2019.12.1
スペース : WEST1-F


やまざきゆうみ&AIMI 『姉妹の見た世界』

展示会 website : https://wakiyaku.net/The_world_the_sisters_saw/


>>展示スペースの詳細はこちらから
staff shimada