『スズキレイジ作品展「ROPE MAGiC FESTA」』2017.4.29 - 5.4


『スズキレイジ作品展「ROPE MAGiC FESTA」』
2017.4.29 - 5.4
space:WEST 2-A


2016〜2017年に撮影された作品を中心に30点以上の額装された
オリジナルプリントの作品展示が開催中です!!





スペースへ入ると白いフレームに額装された作品が並ぶ。
緊縛写真作家であるスズキレイジさんの作品は全体的に透明感があり
皆が思い描くであろう緊縛というイメージからは遠く
男性的というよりむしろ女性的で、柔らかい雰囲気が感じられた。


スズキレイジさんというアーティストによって作品にまで高められた女性は幸せだろう。
縄というものが女性を美しく見せるものとして用いられているという意味では
女性を彩る服やアクセサリー、ファッションに近いのかもしれない。


女性を美しく見せるための手段としての緊縛であり、写真なのだろう。
美しいものを永遠のものとして閉じ込める、封じ込めるという意味では
額装とも近いのかもしれない、と感じた。
正直、言葉のイメージや表現方法そのものが強いのでそれだけで敬遠してしまう女性も多いのでは?
と思っていたが、来場者を見ていると男女問わず鑑賞されているのが印象に残った。


作品の展示は5/4(Thu)まで。
是非ぜひこの機会に足を運んでみてください。
お待ちしております♪




スズキレイジ
緊縛写真作家。196X年東京都多摩地区出身。少年時代のボーイスカウトでロープワークを身につけ、学生時代から写真撮影を趣味とする。WEBや出版物のデザインを本業とする傍ら、緊縛された女性の美しさをテーマとした写真作品のサイト「ROPE MAGiC」を2003年に立ち上げ、以来十余年にわたり一般応募の女性をモデルとした新感覚の緊縛写真作品を多数発表。被写体と1対1で向き合い、自らが緊縛と撮影を同時に行うスタイルはドキュメンタリーの要素とファンタジーの世界観を併せ持ち、それまでの緊縛写真の概念を変える透明感のある作風で注目を集めている。

ROPE MAGIC
https://www.ropemagic.net/








【展示スペース:WEST 2-A】

DESIGN FESTA GALLERY 原宿
Staff Jun