斉藤洋樹 『星の降る街』

『星の降る街』
斉藤洋樹
2017.2.3 -  2017.2.5
[WEST 1-D]

 - そこは一日中星が光り輝く不思議な街だった -

切り絵作家・斉藤洋樹さんの初個展が始まりました。
ため息がでるほどの美しい切り絵の世界をご紹介します!



写真のように精密、そしてドラマチックな斉藤さんの切り絵の世界。
国内外の風景をより美しく描き出しています。

夜空や灯りの部分には和紙を使用。
もともとの模様と素材がうまく生かされていて、美しい夜空に浮かび上がる街並は、
シャープで、とても温かみがあります。

地上の天の川。
星空が水底にこぼれ落ちたように、街の中心を静かに流れていきます。

立体になった手のひらサイズの切り絵観覧車!
ぎりぎりまで細く切り取られた支柱、丁寧に包まれたゴンドラ部分…
繊細ながら本物の鉄のようにしなやか。
なんとこの観覧車、ちゃんと回転するのです!!

スペース上部に飾られているこちらの文字。
同じ形に切り抜いた厚紙を重ね、上から和紙でコーティングするという
手間に手間を重ねた作品。断面までも美しい。

長野県を拠点に活動されている斉藤洋樹さん。
毎日こんな美しい星空を見てすごされているのでしょうか…うらやましいです。

ポストカードやポスター、夜空模様の蝶々、作品集などのグッズも販売中。
さりげなく置かれているもの一つ一つまでとても丁寧につくられ、
細やかなアイディアがたくさん詰めこまれています。
(紙でできた小さなスーツケース、感動しました)

ぜひ直接会場で、じっくり隅々までお楽しみください!


切り絵作家 斉藤洋樹

 


【出展スペース:WEST 1-D】

STAFF nakagawa