突撃学生インタビュー!!「京都精華大学」 Part②

學展vol.1に出展してくれた学生さんと學展vol.2に出展予定の学生さんに
突撃インタビューを行ってます!

本日は、

京都精華大学の学生さんに突撃しました~

じゃん!!


広い!(…寒い!)

まずお話をお伺いしたのは、中村 美遥さん(左手前)


そして作品は、、



わぁぁあああ!ステキ!!!
とても繊細、だけどインパクトも大な対策です。

インタビュー中も常に笑顔で返事を返してくれる中村さん
将来はCDのジャケットもてがけられるようなイラストレーターを目指し
今日も、自身の夢に向かってしっかりと歩んでいます。
中村さんの作品はこちらのHPでも見ることができます。
http://nakamura386.tumblr.com/


Q1學展を知ったきっかけ
WEBサイト、デザインフェスタを知っていたから

Q2どんな作品を出展したの?
黒インクの油性ペンを使って一発描きで細密画のライブペイントをしました

Q3出展して良かったこと、工夫したことは
実際に生で描いているところを見てもらうことが中々ないので、沢山の方に作品が出来る様子を見て頂けた事と、直接感想が聞けたことが良かったです。
工夫した事は初めて私自身の作品を見る方が大半だったので、いかに興味を持ってもらって立ち止まってじっくり見てもらえるかを考えパフォーマンスの1つとして一発描きをしました。

Q4學展に出展して成長できたことは
美術関係の仕事に携わっている数人の方に初めて名刺を頂き、声をかけていただき、ちゃんとアーティストとして見てくださったことに少し夢に近づいたのかなと実感しました。

Q5學展への改善点や、要望を教えて
もし、出来ることならば、会場の入り口に宣伝としてフライヤーなどを置ける場所があるといいなと思いました。

Q6将来の夢は
イラストレーターです




彼女の優しい笑顔の奥にある芯の強さと情熱に
すでに卒業控えた学生かと思ってしまいましたが
彼女はまだ、1回生。。。(4月からは2回生だそうです)
私が教わることの方が多くて。。。恐縮です。。。

これから出逢うであろう多くの経験が糧となり、
より作品に深みと、幅が出てくると思うと
成長がとーっても楽しみです。

次回の突撃インタビューも京都シリーズで精華大学の学生の取材記事を
お送りする予定です。