あづま 『例えば、こんな世界』



スペース内、宙ぶらりんと浮いているこの生物。
彼の名前は『ムー』
月に住む不思議な生物なのである。





絵画、ぬいぐるみ作品を制作されているあづまさん。
今回の展示会では多数の『ムー』を
宙ぶらりんと展示されています。

吊られた彼らは私たちが部屋に入った際の風で
ゆらゆらと揺れて、そっぽを向いて。




『ムー』は宇宙飛行士の身体にくっついて
地球までやってきたらしい。
体調はおよそ30cmほど。

結構大きいのに、気付かなかったとある宇宙飛行士は、
慣れない土地で疲れ果てていたのかもしれない。

なお、月ではアザラシくらいの大きさだとか。
それほどまでに大きいとは、
彼らの食生活も気になってくる。




そんな『ムー』たちはなんと、お買い求め頂けます。
気に入ったその場でご自宅にお迎えできます。
愛くるしい真ん丸おめめ、
色付いた頬。

奥行きある人形という作品だから、
是非直接見て、触れて、その愛らしさに心躍らせ、
彼らの行動を想像して欲しい。




また、向かいの壁面には平面、イラスト作品を展示。
沈んだ木目調にペイントされたフレームの中に、
見たことも無い飛行生物?魚?

天井から伸びる針にかかり、
じたばたしている。
ふと、人魚らしい姿だなとも思った。
成長すると、彼らの鱗の範囲も変わるのだろうか。




最後にご紹介する1点は、是非口にしてみたいと思う逸品。

月のスープ。

小さな星を調味料のようにふりかけて召し上がれ。
手前に用意された、スプーン、フォーク、ナイフを用いて。
味も楽しみだけど、その食し方も想像して欲しい。

どんなテーブルマナーが通用するのだろうか。


あづま 『例えば、こんな世界』
会期:2015.3.6 - 2015.3.12