KnitLisa 実験室 [1-A:3/8]

1日限り、1点ものづくしの『KnitLisa』実験室。
今シーズン最後となった展示会のご報告です!

あたたかそうな手袋を眺めながらおじゃますると、色とりどりの作品のなかで編み物実演中のLisaさんが出迎えてくださいました!
のちにLisaさんのブログをみて知ったのですが、作品にはそれぞれ名前があって、
お買い上げされたものは「お嫁にいく」といって送り出されていました。
愛情をたっぷりもらい、時間をかけて編まれたものたちには表情が見えるよう。
真ん中、えんじ色の手袋はシルク混のウールで編まれたもの。
なめらかな手触りに、光沢のある色味がとても上品。
もちろんあたたかさもばっちりです!
こちらは新作のモノトーン作品。
デザインを考える際に、いわゆるハイブランドの秋冬コレクションを参考にすることが多いそうです。やわらかな手編みの風合いとスタイリッシュなデザインの絶妙な組み合わせは様々な系統のスタイルに合いそう。
手前はスヌード型。シンプルですが細やかに編み込まれた模様がポイントになって、可愛くも大人っぽくも着られます。
奥はポンチョ型。試着させていただくと、軽くて手触りもふわふわ!合わせる位置でデザインが少しずつ変わってかっこいいんです…
来シーズンはこちらのモノトーン作品も多く制作予定との事で、今から楽しみです!

Lisaさん、本日はご自身の作品着用中です。

作品発表を始めたのは昨年の秋から。まだ数ヶ月しか経っていないにも関わらず、
すでに計8回の展示を行っています。
「最初は展示なんて出来ない、という思いもあったけれど、なぜ出来ないのだろう?と考えたら出来ない理由がなかった。一度日程を決めてしまえば、もうやるしかない。今は映画館のネット予約をするようにギャラリーの予約をしています。」
意欲的なLisaさんのお話をきいているとこちらもがんばらねばという力がわいてきます。

季節的に今回が今シーズン最後の展示ですが、夏は月光荘の展示に向けた作品作り、それが終わったら来シーズンの作品作りと1年間のスケジュールはすでにぱんぱん。
「どんな形でも、まずは完成させないと先に進めない。人生と一緒ですね!」

次の展示は秋頃を予定。Lisaさんの素敵な作品とお人柄に触れられる機会を
楽しみに待ちましょう〜

http://tre.chiaia.net/

DF STAFF nakagawa