このブログを検索

工学院大学美術意匠部 『陰影』


工学院大学美術意匠部 『陰影』
2020.3.24  -  2020.3.26
[ EAST 302 ]

工学院大学の美術部の皆さんによるグループ展が開催されました。美しく輝く展示スペースとなっており癒しの空間となっています。展示風景をご紹介いたします。



今回の展示は「陰影」をテーマに制作された作品が展示されています。絵画や立体作品が並び、陰影の捉え方が各者様々で、一つ一つじっくりと鑑賞することができます。


こちらの立体作品は、一見展開図のような不思議な形状をしておりますが、実は、下の面の形は立体部分の影を表しています。ある1点から光を当てることで、同じ形の影を生み出すことができます。影を主とした作品作りをされています。


こちらは花の影をイメージして制作された作品でしょうか。染物のような模様と背景のグラデーションが綺麗な作品です。


和室全体を細かく再現されたこちらの作品。どの箇所も精密に作られており、驚かされます。奥には静かに灯る行灯。情緒あるミニチュアな世界に癒されます。


こちらの河童の立体作品は、肉体の凹凸がリアルで今にも動きだしそうです。実際には小さな作品ですが、実サイズよりも大きく見える迫力があります。


切り絵作品もございます。画面中央から広がる光が二人の人物を照らしています。煙草に火を移している場面でしょうか。どのような展開が待っているのか気になってしまう物語の一場面が表現されています。


虎と月がとても神々しく描かれています。月明かりに照らされている虎は何を見つめているのでしょう。とても縁起の良いパワーを与えてくれるような気がしてしまいます。


そして、部屋全体を彩っているのがこれらの灯篭。透明感のある色彩がとても美しく、心を穏やかにしてくれます。これらの灯篭は、美術部の皆さんで制作された共同作品なのだそうです。



和柄やポップなデザインなどバリエーションは豊かで、近くで鑑賞しても楽しめるものばかりです。


こちらの灯篭はとてもユニークなデザインで、非常口マークが描かれています。美しさと面白さを兼ね備えた作品です。


3/26までの展示ですので、各作家さんの作品と美しい光の空間をぜひ直接ご覧ください!


出展情報

   https://twitter.com/bijutsuishobu

スペース詳細▽
[ EAST 302 ]

Staff Chi