このブログを検索

まばたき



まばたき
2019.11.29-2019.12.1
[WEST 2-A]

フィルムカメラを愛用し、撮影をされている9名によるグループ展が開催中です。
本展ではフィルムカメラの倍の量が撮影可能な《ハーフカメラ》縛りで撮影されているそう!
静かで優しい時間が流れていたり、刺激的な夜を写していたり…
9人9様のハーフカメラとの戯れを是非ご堪能くださいませ。



空と赤髪の女性のコントラストが印象的なこちらの作品群。
晴れの日の何気ない日常を、明るく朗らかに撮影されている様子がわかります。
見ているだけで思わず外に出たくなるような、優しい世界がそこに広がります。



ハーフカメラの特徴は、フィルムを2枚セットで現像できるということ。
ストーリー性も感じられる手法は、まさにハーフカメラならでは。
こちらの作品は、寝そべる男女が寄り添い、あたたかい日の光を浴びてまどろんでいる様子がとても美しい。
世界観まるごと、やさしさに包まれているようでとても穏やかな気持ちになります。



フィルム写真は撮影枚数に制限があるためその一瞬一瞬のリアルを映し出すことができます。
そのため、ハプニング写真なども現像するまでわからないのだそう。
しかし、そのハプニングから生まれる偶然性が生活そのものを活き活きと表現できるツールでもあるといえるでしょう。
仕事の休憩中に散歩をし、その度に撮り溜めているというこちらの作品群は、昼下がりの原宿や表参道、渋谷などのそこに存在していたある日の風景のリアルがありありと伝わってきます。



固定のモデルさんを迎えて撮影された方も。
数枚が重なっているように見えたり、画面が分割されているように見えたりするのはフィルムカメラの面白いところ!
クラシカルでレトロな雰囲気の女性の魅力がぎゅっと詰まった作品群です。
秋らしさと赤い金魚との戯れに想像力が膨らみます。



爽やかさと昔懐かしいレトロな雰囲気、両方を兼ね備えたフィルムカメラの奥ゆかしさは、撮る者によって様々な色で表現されます。
そこにある何気ない発見から、フィルムの実験を楽しむかのような無邪気さまで、様々な写真で彩られた空間です。
連日大盛況だった展示も本日いよいよ最終日。
楽しくて面白くて奥ゆかしい、ハーフカメラの世界をじっくりご堪能くださいませ。

<スペース詳細はこちら>

[WEST 2-A]

staff kome