yamada miyu『1517展』



yamada miyu
『1517展』
2017.2.21-2017.2.23
at EAST 304

yamada miyuさんによる個展『1517展』がEAST 304で開催中です。
海、陸、空に生きるあらゆる生き物をモチーフとした、色彩豊かなイラスト作品の並ぶ展示会です。







魚やクジラなどの海の生き物から、ペンギン、ゾウ、カンガルーなど陸の生き物、フラミンゴやフクロウなど空の生き物まで、地球に生きるさまざまな動物たちを主題に色鮮やかな世界を描いているyamada miyuさん。
この展示では、2015年から2017年の間に描きためたイラスト作品が展示されています。『1517展』という展示タイトルはそのことから由来しているのですね。

地球丸ごと描ききってしまいそうなほど、モチーフは多岐に渡っています。
目を閉じてみると絵の中の動物たちが、それぞれのフィールドで生き生きと暮らしている様が浮かんできます。




この写真の作品、一見すると抽象画のように思えるのですが、
前述のようにあらゆる自然や動物をテーマとして作品を描いているということを踏まえてみると、陸空海のすべてをこの一作で表現しているように見えてきませんか?

緑は自然豊かな山や森や草原を、濃淡のある青と混じり合に混じり合う白は空と海を、それぞれ象徴的に描いているようです。




ご存知の方もいるかと思いますが、展示が行われているEAST 304は広さ6畳ほどのこじんまりとしたスペースです。
作品集やスケッチブックがこの写真のように置かれていると、まるでアトリエにお邪魔しているような感覚になります。

窓からはたっぷりと自然光が入ってきて、yamada miyuさん作品の世界観をじっくり楽しむにはとても相性のよい展示空間でした。


【出展スペース:EAST 304】

DF STAFF isaka