『よあさる』 小濱 萌 WEST 2-A



『よあさる』
多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科卒業制作展
2017.1.24 - 2017.1.29

WEST/EASTほぼ全館規模で開催中の
多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科卒業制作展『よあさる』。
<上演><上映><展示>とそれぞれ会場が分かれており、
デザインフェスタギャラリーでは<展示>部門の作品を見ることができます!

こちらのブログではWEST 2-A 小濱 萌さんの「ikiai」をご紹介します。



WEST 2-A を訪れるとそこには回転する大きな物体が目に飛び込んできます。
画面左手の壁面にはゲーム機が掛かり、血管のようなケーブルがガチャガチャにつながり、その物体へと続いています。


これは多摩美術大学映像演劇学科の生徒58人の「自分がかつて愛でていたものたち」でできている立体アートです。
数多の追憶が結合してこの異形ともとれる形を形成しました。

この物体の持つ意味とは何でしょうか。


手前にあるガチャガチャの中には、この58人のうち誰かにとって何だったのかが少しだけわかるおみくじが出てくる仕組みになっています。

会ったこともない、知らない人が愛したものに対して私たちはどのような感情がはたらくのでしょうか。
他者の記憶を自己の記憶に置き換えて共感を得ようとするか、あるいは少し距離をとって好奇の対象として眺めるのか。


見る人により様々な感情が生まれる作品だと思います。
ぜひその目でお確かめください。

★WEST 1-Fはインフォメーションとなっていて、
 CMの上映や冊子などがもらえますよ!


【 展示スペース:WEST 2-A 】


chida