九creatures 『ダーク展』

 

『ダーク展』
九creatures
2016.12.3 - 2016.12.9
<SPACE WEST 1-D>


「ダーク」をテーマとした作品が共鳴する同級生によるグループ展が開催中!
薄暗さが新鮮な空間で、ぜひ作品をご鑑賞ください。



 TSURU / 『夢』『宙』『森』『_ _』/ シルクスクリーン、水彩、アクリル

「ダーク」と聞いて連想するものは何だろう。
精神的なもの、物理的なもの
視覚的なもの、温度感、てざわり...。

最小限の照明のみで薄暗く閉ざされたスペースに7名の作家の作品が並びます。
そのうち一部の作品を紹介致します。

TSURUさんがモチーフとした「蛾」は、まさに暗い夜道の街灯とともに連想するモチーフ。
繰り返し描かれた4匹の蛾はそれぞれ異なる画材、画法と組合わせられ幻想的なビジュアルが生み出されています。


 河野 ゆかり / 『不』 / 水彩、螺鈿細工

河野さんの作品は、暗闇のなかに柔らかくぼんやりと浮かび上がったような人物が印象的です。
人物を描く水彩と、螺鈿細工の放つ独特の光とのコントラストも面白い作品です。


伊藤 萌果 / 『葬列』 / アクリル

伊藤さんの作品は、漆黒の闇のなかに正体の不明な動物たちと行進する少女が描かれています。
動物たちの豊かな毛並みと柔らかい胴体の感触に愛らしさも感じますが、
際立つ暗闇の葬列の静寂さがとても印象的です。


asako / 『きょんしーちゃん!?』 / アクリル

asakoさんが描くのは、うつろな瞳のキャラクター。
ダークという世界観が超現実な存在と結びつけられ表現されています。
大きな瞳は文字通り奥行の不明な闇をたたえていて、見る者をとらえます。

展示は、9日まで。
さまざまな表現手法でダークを表現した力作ぞろいの展示となっています。
薄暗さが新鮮な空間で、ぜひ作品をご鑑賞ください。


九creatures 
__________________________

同級生から集まった作家達。日本画、アクリル画、版画と表現手法はそれぞれ様々。2013年から活動を始め今回で4回目の展示となります。

出展作家
AKIYO
asako
伊藤萌果
浦野ポン
河野ゆかり
TSURU
のりおにぎり

website : http://ninecreatures.jimdo.com/

<SPACE WEST 1-D>
shimada