宇都木 慎吾 『自然体で描きたいなぁ~』


宇都木 慎吾
『自然体で描きたいなぁ~』
2016.11.12 - 2016.11.14
[WEST 2-A]

仕事の空き時間に絵描きをしている宇都木慎吾さんによる、
想いのまま、自由のままに描いた作品展が開催されています。






ギャラリーでの二回目の展示となる今回は、
キャラクター、抽象画、記憶をモチーフにした数々の絵画作品が飾られています。

大きいキャンバスに大胆な筆触と色合いで生み出された一枚一枚の作品は、
その瞬間を感じたもの、思ったものをそのまま表現していて、
ちょっとクレージーで不思議な世界観が感じられます。



こちらの真ん中の作品は「夕焼けの屋上で」です。
黄色をベースに、ジャングルジムの上に座っているのは、
宇都木さんのオリジナルキャラクター「ひらめき君」です。

星形で描かれた顔で、キラキラ輝いているひらめき君は、
ポジティブで前向きなメッセージを観る方に与えているそうです。



おじゃました際に写真を撮らせていただきました。
ありがとうございます!

展示は本日から11/14まで!
ご来館の際に作品についてお話しになってはいかがですか?


-Profile-

宇都木 慎吾

会社に行きながらも平日仕事が終わった後や土日の休日に絵画の制作を継続。
絵画はキャンバスにアクリル画。
千葉県在住で活動。

2016年9月に開催されるShareArtAward2016に入選。
同年4月にデザインフェスタギャラリーにて個展を開催。
絵画1点を売却する。2015年までにはタグボートフェス、千代田芸術祭、Geisaiに出品。

今回の展示「自然体で描きたいなぁ~」展では、
キャラクターもの、抽象画、個人的な記憶をもとにした絵画など主題は多岐にわたります。
主題、コンセプトを踏まえたうえで描くという行為に重点を置き、
うまく絵を描くことよりも、自然体で絵を描くことのの重要性を考慮しました。
力を入れ過ぎて絵画を描いていた反省を生かして、
描いている絵画から出る「何か」をくみ取る、
絵画との会話に取り組んだ絵画を今回展示します。


※前回の展示はこちらまで☆



【 展示スペース: WEST 2-A 】

DF staff jessie