グループ展 『夢中のエロティカ』



グループ展
『夢中のエロティカ』
2016.11.19 - 2016.11.25
[EAST 303]

8人による「エロティカ」をテーマにした作品展が開催されます。
視覚の刺激で心の底にある強い感情を喚起されるかもしれませんよ。

「芸術の秋。
人の感覚はくすぐられ、豊かな感情がうまれる。
こころの奥底からあふれでるエロス(愛の形、美の理想、性の象徴)を見るものの前に表し現す。
その想像力によって見たものの中にも新しいエロスをもたらす作品、それがエロティカ。」(プロフィールから引用)



一つの空間の中に八つの違う形で表現され、一人ひとりが思う数々の「夢中のエロティカ」が展示されています。

ほんの一部ですが、作品をご紹介いたします。



部屋に入ってすぐ右側には、大川内麟太郎さんのペン画作品がずらりと並べられています。

ギラギラでカラフルな線で細かく描き込められた、圧倒するような美しさと存在感を放つ精密画です。
上の4枚はそれぞれ大学の学園祭のポスターを担当していたときの作品です。
そして下の二枚は今回のテーマとなる「愛の形」を表現した作品です。

どの作品も祭りのように人物や動物、建物、自然をモチーフにしたものがぎゅっと詰められ、「何も考えずに描きたいものを描きます」と聞き、その発想力の豊かさに感動しました。
是非この繊細な世界観を近くで見てみてくださいね。



ギャラリーの企画展『ドローイング展』にも参加していただいたmkさんのペン画作品が並べられています。
可愛らしく、脱力感が感じられる下着姿の少女がたくさん集まって少しセクシーな空気が漂いますね。



こちらはくすはらくうさんの切り絵作品です。
一見お花がたくさん咲いて、リスちゃんたちの遊び姿が見えますが、少し離れて見てみると、パンツの形が浮かんできます。
その可愛らしさとエロティックな雰囲気が絶妙なバランスで融合されていて、思わずドキドキしてしまいますね。


展示は本日から11/25(金)まで!
是非様々な雰囲気のエロティックアートを堪能してみてくださいね〜♪

-出展者-
・大川内麟太郎
・くすはらくう
・テミヂカMAI
・鳥海基
・藤色ノ梦
・星
・mk
・sudakinako

【展示スペース:EAST 303】
DFstaff jessie