てぬぐい展 【 WEST 2-B『く』ブース 】


てぬぐい展
2-B『く』ブース
SEKIMIZU Miho 『てぬぐい展 - japanese cotton cloth EXHIBITION -』

日本の誇る工芸品「てぬぐい」に焦点をあてたデザインフェスタギャラリー初の試み、『てぬぐい展』の展示紹介!

今回は伝統的染め物技術を使ったモダンなデザインのてぬぐいを手掛けているSEKIMIZU Mihoさんの作品をご覧頂きます。



関水さんの作品はすべて日本の伝統的な染色技術により制作されています。
展示されている作品は「型染技法」という、ステンシルの手法に似た技法を採用したもの。

作品はその伝統技術を使いつつ、「伝統技法を持つ職人が現代に生きていたらどのようなデザインをするか」をひとつのテーマに、伝統技術の現代的解釈に取り組んでいます。



この2点のデザインはまさにそんな制作コンセプトが形となっているもの。
前述の3点とは対照的にリピートしない柄を取り入れ、この長方形の中に作品が完結しています。
伝統的な技術を使いながらもデザインはモダンです。




関水さんが普段メインで制作に取り組んでいる着物も展示中。
こちらの柄は1枚目の写真の真ん中のてぬぐいと同じ柄を使っています。

色の配合にもこだわりを持っていて、とくに関水さんの使う青系の色は様々な表情を見せてくれます。



特に印象的だったのがこの個包装!
ひとつひとつフォントデザインが作品のデザインコンセプトに合わせたものになっていて、贈り物としても素敵ですね。



てぬぐい展は9/17(土)まで開催中!
ぜひ足を運んでみて下さい。

- - - - - - - - - - - -

てぬぐい展のその他のスペースの作品もご覧ください☆


- - - - - - - - - - - -

【 展示スペース : WEST 2-B 】

written by isaka