東京経済大学写真研究会



DESIGN FESTA GALLERY初出展!!
東京経済大学写真研究会による
春期学外展が EAST : 201 にて開催中です。

今回のテーマは『日付縛り』&『ぬくもり』






春を迎えるまでの寒い季節。
写真で暖をとりませんか。
あったかい写真を集めました。




日に日に暖かさが増していると思うけど、
まだコートを手放すのは不安な季節。

どんな写真で、どんな光景から暖をとれるのか。



「 明日へ翔ける 」
橋の上で景色を眺めていたら、少年たちがかけっこしていました。
柿澤 慎


時間が経って、ふと気付く。
昔見たいに、必死に走る機会って少なくなったなぁ。
子供ことはなんとなく、走ったりしていたけど、
闇雲に体力を消費することをしなくなった。

楽しくてなんとなく走って、追いかけて。
そんなことも実は貴重だったりする。



「 雄叫び 」
小原 有貴

一瞬、写真だってわからなかった。
鳥かごに捕われた不気味な人物像を、
手前の白いフェンスが邪魔をする。

彼が凶暴過ぎて、手に負えないから、
二重の対策として、更に囲ったとか。



「 たそがれの君 」
中陣 香織

夕暮れ、黄昏時、川沿いでしゃがみこむ彼女を、
見下ろす位置にカメラマンがいる。
彼女はカメラを向けられていることに気付いていない。

それほどまでに没頭したくなるもの、
彼女の前に何があるのだろうか。



「 ふるさと 」
中陣 香織


「 衣 食 住 」
矢作 良樹

撮影地はベトナム・バックハー
計四点の写真から構成されている。

市場、大きな鍋でぐつぐつ煮込んだ料理を食べる姿。
渡した紐に干された服。
洗濯をしている様子。

行為を取り上げるだけでなく、
片隅に映る住居やまとう服など。
映る全てが、現地の衣食住の環境を伝える。


今作品のすぐ脇には
『 12月6日 』と名付けられた作品がある。
これが冒頭で申し上げた、日付縛りである。

が、こちらの作品は是非会場でご覧ください。
何気ない一日、本当は特別であるということ。


東京経済大学写真研究会
会期:2015.3.20 - 2015.3.22