東京都市大学 写真部 卒業展示

溝口 愛美さん「春思」


EAST : 201 にて開催中
東京都市大学 写真部による卒業展示の様子を
ご紹介致します。





各部員が写真部としての集大成を飾る本展示会。
作品テーマを設定せず、各自自由にお撮りになったとのこと。
今回は一部作品をご紹介致します。


若井さん「春浅し」(左),林さん「群れ」(右)

「春浅し」
溶けかかる雪と薄らかかる霧。
暦は春を示しつつも、
まだコートが手放せない気候の中で震えつつ、
春をその肌で直接感じ取られるその日を待っている。

「群れ」
太い樹木が立ち並び、その隙間から半袖の人々が見える。
密集する構図は、経験を思い出し暑さを思い出したりもするが、
大きい影も見つけ、清涼感も感じ取る。


小嶋伸さん「トランプ」

とても不思議なタイトルだと思う。
プリントされた写真1枚1枚が、
トランプに対応していると想像すると。

カードゲームによってはカードによって
「強さ」が異なったり差異があるけど、
それを思うと、写真1枚1枚は新たな意味を帯びるようである。

松田創さん「 melancholy 」

憂鬱な心理状態、心という見えない存在を可視化する為に。

厚みのある雲が太陽を多い隠したり、
ぽっと表れた不思議な形の雲、
崖下に身を投じる瞬間の視界、
地面との並行が取れていない構図。

心を暗く、沈める事象や、
憂鬱な心理状態に陥った際の肉体の運び方が、
想像を通じてリンクしている。




東京都市大学 写真部による卒業展示は
本日、3/8(日)が最終日です。
ご来館の際にはご注意ください。


『東京都市大学 写真部 卒業展示』
会期:2015.3.6 - 2015.3.8