電気通信大学写真研究部



EAST : 301 にて開催中
電気通信大学写真研究部による卒業展示会
会場の様子をご紹介させて頂きます。





EAST館3階の最も奥に位置する会場。
しんと静まりかえった空気を
構成する写真作品の一部をご紹介致します。


土方 悠介「left,right...」


外敵を寄せ付けぬ為に張られた
有刺鉄線の上にとまる数匹の鳥。
皆、左か右を向き、こちらに見向きもしない。
向かって左側から、右、左、右。

鉄線上の継ぎ目を一つのリズムに見立てて。


遠藤 祐希「木霊」


写真は太い樹木の表皮の一部。
人の皺、年輪のように、成長を続ける過程で
発生した生き続けた証は視覚を通して、
強く何かを訴えかける。

樹木に宿るとされる「こだま」がもし存在するとしたら、
そんな表皮にも表れているのかもしれない。


安達 康平「ゆきどけ」


色数が抑えられた画面からは、
ゆっくりとした時の流れを感じる。

「雪解け」は急激に起こるものではないと思う。
ゆっくりと、気温の上昇に従って、
形を崩し、雫となる。

そんな冬から春に差し掛かる季節を
想いたくなる、一枚。


二宮 典彦「大人たちの12月25日」


クリスマスというイベントは、
子供だけのものでない、良い大人だって楽しんでいる。
子供たちがサンタからのプレゼントに歓喜を上げている横で、
大人だってイルミネーションを堪能したり、
異性の為/自分の為にディナーを振る舞ったりしている。

でも別に何もしなくたって良い。
興味がなければ仕事帰り、いつも通りの帰路に着いても良い。

クリスマス色に染まった商業施設、町並みと冷静な人々の対比。
皆さんには、どう色付いて見えるだろうか。


電気通信大学写真研究部 
『電気通信大学写真研究部卒業展示会』
会期:2015.3.6 - 2015.3.8