このブログを検索

フクザワ『shizume展』


フクザワ『shizume展』
2020.3.26-2020.3.29
[EAST 101-a]

数々のロックバンドのグッズやアートワークを手がけられ、音楽系イラストレーターとして幅広く活動されているフクザワさんの個展が本年度もDFGにて開催!
ぜんぶしずめたくなった。
生きていると、時に、何かに溺れるように呼吸をしてしまう瞬間があります。
その憂鬱でやり場のない想いや刹那が、あらゆる水の表現で「しずめ」られています。



フクザワさんといえば、線画をベースとし、それぞれの作品に統一された配色を乗せられている手法が特徴のひとつ。
線とカラーのコントラストがとても美しく、その色はそこに描かれる人物の感情を滲み出しているようにも感じられます。
フクザワさんが描かれている世界はあくまでも日常的で、どこか憂鬱。
誰もが経験する沈んだ気持ちに共感を覚える方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。


そして本展の作品で特徴的な素材は「水」。
展示タイトルの通り、作品と額の間に大胆に水を入れ、「しずめ」られた作品が展示空間を彩ります。


ビニールバッグに水を閉じ込めた作品や…


雫が垂れ下がるようなイメージで、少しじめっとした印象を与える作品まで。
様々な水の表現が散りばめられています。


しずめたい、しずみたい。
憂鬱になるなと言われても、落ち込むものは落ち込むし、時には怒りに変わる時だってある。
そんな負の感情を押し殺して日々を生活している人も、決して少なくはないのでしょうか。
フクザワさんの作品を鑑賞していると、「私だけじゃないんだ」、そう思わせてくれる優しさを心の内側からじわりじわりと感じました。


今回も見応えたっぷりの広々とした展示空間。
物販コーナーも豊富!限定ガチャもありますので、是非回してみてくださいね。
また、ほとんどの作品は購入可能とのこと!
ゆっくりじっくり、キャプションを読みながら、時間の許す限りフクザワさんの世界観を堪能してください。

本展は3/29(日)まで。

<スペース詳細はこちら>

[EAST 101-a]

staff kome