このブログを検索

asacoro 『Playlist』


asacoro 『Playlist』
2019.12.3  -  2019.12.9
[WEST 1-G]

ほのぼのと心を穏やかにさせてくれる asacoro さんのイラスト。本展示では”自分のお気に入りの楽曲を集めたプレイリスト”をテーマに作られた作品が展示されています。
音楽をイラストに可視化した作品をお楽しみください。


もしも大切な人が亡くなったら。悲しい思いで胸がいっぱいになるでしょう。忘れることができたなら。どれだけ楽になるでしょう。思い出を振り返り、いつまでも涙が溢れてしまう。

もしも大切な人が泣いていたら。悲しい思いで胸がいっぱいになるでしょう。笑顔にすることができたなら。どれだけ安心できるでしょう。姿を変えてでも、いつも見守っているから笑顔でいて欲しい。

 「会いにきたよ」

ほんわかとしたタッチで描くイラストレーターのasacoroさん。優しさが滲み出ているイラストですが、この作品には悲しんでいる女性が描かれています。大切な人に先立たれ、涙ぐむ女性。そこへ励ますように近付いて来たのら猫。
この作品は、大切な人と死別してしまった物語が描かれています。しかし、この作品から感じるのは悲しみよりも温かい優しさや愛。互いの愛がこの悲しい現実を吹き飛ばし、これからも幸せに過ごしていけるような気がしてしまう明るいイラストだと思います。


 「本音」

この作品も柔らかなタッチではありますが、薔薇を背負い銃口を誰かに向けている様は怪しく危険な匂いがします。可憐なドレスと凛とした薔薇がより美しさを際立たせ、全体の青色も相まってクールでかっこ良い女性となっています。愛と美の象徴として扱われることが多い薔薇ですが、女性が不敵な笑みを浮かべていることで、毒を持った危険な女性のようでもあります。




他にも小さなイラストが展示されており、こちらは1コマ漫画のような作品になっています。どの作品もほっこりする内容で癒されます。




こちらの作品は「君がくれたから食べられないや」というタイトルのイラスト。好意を持っている人に貰ったお菓子を、食べられずにただ見ているだけという姿がとても微笑ましい。いつも食べているお菓子と変わらないのに、こういう時は輝いて見えますよね。



展示スペースでは、本の販売もしています。こちらの本の内容は、パンを紹介しており全てasacoroさんによるパンのイラストと文章で構成されています。漫画による紹介ページもあり、とても読み応えのある本です。asacoroさんのパンのイラストは、本当にお腹が空いてきてしまうぐらい美味しそうに描かれています。

ぜひ、展示をご覧になって癒されてください。


作家紹介

 asacoro

   https://www.instagram.com/asa_cororo/
   https://twitter.com/asa_cororo


 スペース詳細はこちら▼
[ WEST 1-G ]


Staff Chi