このブログを検索

WAVE TALE 『10回記念個展「波展 〜沖へ漕ぎ出す〜」』


WAVE TALE
『10回記念個展「波展 〜沖へ漕ぎ出す〜」』
2019.9.17  -  2019.9.23
[WEST 2-E]

海系専門雑貨作家 WAVE TALEさんによる個展が今年もデザインフェスタギャラリーで開催されています!
今回展示される新作を含め、WAVE TALEさんが生み出すさまざまなジャンルのアクセサリー、そして今年の五月にスペインの海から掘り出されたシーグラスも披露!
シーグラスの魅力が詰め込まれたうっとりとした空間となっています。

 

今年のゴールデンウィークの間、スペイン・マヨルカ島の水中考古学フィールドスクールの体験に行ってきたWAVE TALEさん。
考古学フィールドスクールでは実際に海の中に潜って古代沈没船のわきを掘るという経年変化について研究をされるそうです。
もちろんマヨルカの海の中で見つけたお気に入りのシーグラスたちも今回の個展にて登場します。



こちらの写真に映るシーグラスは、コカコーラの瓶だそうです。
うっすら浮いている文字から時間の流れと国の文化が伝わってきます。


こちらは新作の「海のオブジェ」。
錨やシーグラスなど、海を連想するさまざまな小物が小さなガラス球に閉じ込められています。


シーグラスをメインにしたアクセサリーが印象に残っていましたが、
今回は新しい素材を使いアレンジされた秋らしいアクセサリーも多く見られます。
ぬくもりのある木の花に透明感のあるシーグラスの組み合わせはすごくしっくりきます。



そのままの形と色を活かしているピアスやネックレスに可愛らしい雰囲気を感じます。


展示は9/23(月)まで。
ぜひ会場で海と自然の美しさに癒されてください^^

-出展者-

WAVE TALE

海モチーフ専門「ウェーブテール」
シーグラスやシルバーなどを用いてアクセサリーやオブジェを制作。
元々はクジラの調査を学んでいた学生が、手に職をつけるべくジュエリー制作も学ぶ。
海モノを手作りして海への啓蒙に繋げようと、あえて都内多めに奮闘中。
おかげさまで12周年☆ 個展は10回目。

クジラ好きから始まり、
シーグラスの虜になり、
波しぶきも船も好んで、
水中考古学にハマり中。
そんな手作り作家の作品展。沈没船発掘調査に参加したレポも。
最終日は17時まで。
http://wavetale.yu-nagi.com/

スペースにおジャマしたときはちょうど晴れ間。
外光を浴びたシーグラスのネックレスが美しい...。
あぁ...海が私を呼んでいる...!

WAVE TALE『10回記念個展「波展 〜沖へ漕ぎ出す〜」』は23日までの開催。
原宿のギャラリーの一室に大海原へとつながるアートがギュッと詰まっています。
ぜひお越しください。



【展示スペース:WEST 2-E】
staff jessie