このブログを検索

刺凛々 『刺凛々☆我褸芥(がるぁくた)展』



刺凛々 『刺凛々☆我褸芥(がるぁくた)展』
2019.9.9-2019.9.11
[WEST 1-A]

ちょっぴり毒毒しくて、妖艶な表情が特徴的な女の子たち。
独特なタッチで描かれた彼女たちからは、古風なイメージと現代的なイメージ、両方が絶妙に混ざり合い表現されています。
過去作品をどどんと持ってこられたという刺凛々さんによるイラスト展が開催中です!



サイケデリックな配色と、切り絵のように節ばった線が特徴的な刺凛々さんの作品たち。
展示されている作品は全てアナログで描かれており、斑なく着色されたベタ塗りが鮮明に飛び込んできます。
妖怪や昔のものが好きでよく好んで描かれているそうで、その古風なモチーフと、現代的なポップさ両方を兼ね備えた作品は、刺凛々さんの個性をいかんなく引き出しています。
ステッカーのようにぐるりと切り取られた原画も珍しいのではないでしょうか。



おもにコピックやペンで着色されている作品が多いのだそうですが、中には色鉛筆で着色された作品も。
色鉛筆の着色も、髪の毛の印象がまた違う角度から見られ、少しふんわりメルヘンチックな印象に!
どことなく春や夏らしい印象も感じられますね。



そして鉛筆画も展示されていました!
髪の毛の艶めきと流れるような筆跡に目が離せません!
手前の作品は背景がペン画になっており、モチーフも相まってこのギャップが絶妙の哀愁を醸します。



直近の作品はこちらの線画のみの未完のコーナーだそう!
本展では過去1年分ほどで描き貯めた作品を一挙大放出されているそうですが、最近は線画はアナログ、着色はサクッとデジタルで作品を完成させることも多いそう。
また、目の印象もその時々でタッチに変遷があるそうで、直近では三白眼で長い睫毛が特徴的なタッチとなっているそうです。



今年の5月から本格的に音楽活動をスタートされたそうで、イラスト制作からは今は距離を置いているという刺凛々さん。
しかし、いつか大きい絵を描いてみたい!という密かな野望もあるそう!
ひとりひとり個性が違い、毒々しくて目が離せない女の子たちの世界観を、是非じっくりご堪能くださいませ!

URL:http://Instagram.com/sasalili_2017



<スペース詳細はこちら>

[WEST 1-A]

staff kome