このブログを検索

ヨコティーン 『フレンズ イン パラダイス』



ヨコティーン 『フレンズ イン パラダイス』
2019.9.21-2019.9.23
[WEST ART CORNER]

仲良し4人組の織りなす日常は、おしゃれで自由気ままで楽しいパラダイス!
当たり前のように日常に溶け込む彼らの姿に思わず頬が緩みます。
彼らはもはや、人間なのかもしれない…!





誰もが一度は目にしたことがあるであろう名画、《最後の晩餐》。
緻密に再現されている…と思いよく見てみると…



なんと!現代風のファッションを身にまとった4人が迷い込んでいるではありませんか!
このクマ、ネコ、イヌ、ハムスターの4人はいつも一緒。
食べ物もハンバーガーだったり、アレンジが加えられていて遊び心が随所に感じられます。



そしてこちらもどこかで見たことあるような…!?
そう、某有名バンドのあの名盤のジャケット写真のあれを4人で再現!
それにしてもハムちゃんのチマっこさがたまりません…!



今からサーフィンに向かうのでしょうか。
人間の青年がネコちゃんを見つめる視線もどこか優しいような、友達に話しかけるような目線のような。
ひっそり後ろにクマくんとイヌくんがいることもお忘れなく!



ヨコティーンさんの作品は全て油絵で描かれており、近くでじっと作品を鑑賞すると、キャンバスの素材感と画材のタッチがよく観察できます。
本当に緻密で、デジタルで描かれたようなリアリティさえ感じられます。



このハムちゃん!!キャンバス全体でみるとすご〜〜〜〜く小さいのですが、ちゃんと目と鼻と口が描かれているんですよ…!!
この数ミリ単位の仕事が垣間見られることが、間違いなくヨコティーンさんの作品のクオリティの高さの一因であると言えるのではないでしょうか。
是非是非、間近で細かい部分まで鑑賞していただきたいです!



ネコちゃんがダイナミックにサーフィンをしているこちらの作品は、その水しぶきがあまりにもリアル。
人間の成人男性がかっこよく波に乗っている姿と相違なく、かわいいものとして捉えられることの多いネコのクールな部分が引き出されているよう。

体格も動物の種類も違う、一見混じり合わなさそうな4人が人間の世界にあくまでも自然に溶け込んでいる様子は、ユーモアの中にもどこか共生や寛容という概念が込められているようにも感じられます。
そのリアルな描写と筆跡は、原画でしか見ることのできない貴重な機会。
是非間近でご覧いただきたい作品群です!

本展は9/23(月・祝)まで。

色んな発見を楽しみながら、ごゆっくりご鑑賞くださいませ。

URL:http://instagram.com/friends_in_paradise



<スペース詳細はこちら>

[WEST ART CORNER]

staff kome