このブログを検索

其の子。 『85%の憂鬱と、13%の空白と、2%の至福。展』



其の子。
『85%の憂鬱と、13%の空白と、2%の至福。展』
2019.9.17-2019.9.21
WEST 2-D

絵、写真、音楽など多角的に表現活動を続ける其の子。さんの初個展がWEST 2-Dで開催中。
6畳に満たない展示スペースはまさに其の子。ワールド。
自身の「好き」を存分に詰め込んだ展示空間です。






イラストや自身を被写体とする写真、それいがいにもバンドのギターボーカルとしてあらゆるアプローチで自己表現をする其の子。さん。

今回の展示ではその中でも主にイラスト作品、写真作品、そして散文が所狭しと並んでおり、自分という人間のすべてを散りばめたような空間となっています。



イラスト作品はスケッチのような作品から線画や水彩など、多種多様な作品が並んでいます。
しかしほぼすべての作品に共通しているのが、少女を描いているということ。
こちらの画像のように一人佇んでいる少女を描いている作品も多く、一枚絵でその前後のストーリーまで想像が膨らむように、じっと見入ってしまいます。




反対側の壁面には自身を被写体とする写真群がびっしりと展示されています。
4名のフォトグラファーがそれぞれ異なるシチュエーションで其の子。さんを撮影した写真たちは、とうぜんながらそれぞれに全く違う表情が垣間見れます。




写真が言葉とともに並んでいるため、一つ一つが別のコンセプトを持った映画のような世界観を持っています。

イラスト作品でも十分自身のパーソナリティーが作品に現れている印象がありましたが、やはり彼女自身がどんな人間であるのか、写真ではそれをダイレクトに表現しようという意志が伝わってくるようです。


展示風景を撮影させていただいたのは初日だったのですが、日に日に展示されている作品が増えています。今日明日でまた違った表情を見せる生きた展示ですので、ぜひお越し下さい。


【使用スペース:WEST 2-D】