このブログを検索

工学院大学1部文化会 写真部 『工学院大学写真部 学外展2019』










工学院大学1部文化会 写真部 『工学院大学写真部 学外展2019』
2019.8.10 -  2019.8.12
[EAST 301]

工学院大学写真部の皆さんに3年ぶりとなる学外展でEAST301を飾って頂きました。
一つのテーマではなく、皆さんそれぞれ自由に撮っていただいた作品がたくさん!
その自由な思いをご覧ください。

「天気の風車」

トリコロールカラーのような鮮やかな色合いがとても素敵な作品です。
風車のエキゾチックな雰囲気につい見惚れてしまいます。
この場所に実際に立つといつまでも眺めていられるのではないかと思うほど、素晴らしい景色です!






















「星の降る陰」

イロハモミジを星に見立てたポエミーな作品です。
確かにイロハモミジの形は星に似ていて、まるで星の群れが降ってきているかのような素敵なショットです!!
この星たちも陰で涼んでいるのでしょうか、元気になったらきっとまた空へと昇っていくのでしょう。






















「波紋」

水面を彩る様々な大きさの波紋が美しい作品です。
白い光の反射と黒い水面のコントラストのせいか、まるでピアノのようなイメージでその波紋一つ一つが音を奏で、美しい旋律となって聞こえてくるようです。






















「Burning Sky」「緑の糸」

こちらは別々の二つの作品ですが、まるで対になってるような絶妙な配置で一緒に撮らせて頂きました。
真っ赤に染まる空と沈む太陽と、暗い空に浮かぶ月がアシンメトリーになっております。
そのせいかまるで太陽の暑さと月の冷たさが伝わってくるようです。
さらに月の方は指で摘んでいる演出が加わることで、まるで冷やした大きな飴玉のようにも見えます。これはちょっと一口では食べられそうにないです!






















「雲光」

空に浮かぶ雲と後ろから漏れ出す太陽の光が神々しい作品です。
大きな雲の塊が太陽を丸ごと飲み込むように遮ってしまいましたが、どうやら太陽の輝きまでは遮ることはできないようです。






















さて、いくつかの作品をピックアップしてご紹介させて頂きましたが、まだまだ他にも素敵な作品がたくさんございます!ぜひお越し下さい。




本展は2019.8.12(月)まで。




工学院大学写真部サイト
http://www.ns.kogakuin.ac.jp/~wws1019/









[使用スペース EAST 301]

STAFF KIM