このブログを検索

PINKy,MORIBO 『見たくない』

PINKy,MORIBO 
『見たくない』
2019.3.19-2019.3.22
[WEST 2-D]
誰にだって心が沈むときもある、そんな負の感情をストレートに表現。
メンヘラチックだけどとても人間味あふれる作品の数々です。
見たくないをとっても見たくなる。会期は3/22までWEST 2-Dで開催中。




心の闇をテーマに制作をするPINKyさんとMORIBOさん。
ダークな色合いと不安感を抱くような作風に何故か親近感が湧きました。




MORIBOさんの作品は、まるで嫌な夢を見た時の世界のよう。不思議な魅力があります。必死に生きる姿をありのままに表現していることを、格好良いと感じました。



人間関係の複雑さを表したかのような作品からは疲れを感じます。
生きることは辛いし苦しい。だけれど、もがきながらも必死に生きる。
面倒臭い、目を背けたくなるような現実を表現しているのではないでしょうか。



PINKyさんの作品は、落ち込んだ時の感情をストレートに描いています。
負や怒りの感情が主ですが、その中には「変わりたい」「楽しく生きたい」という思いも伝わってきました。




そんなポジティブなメッセージが込められている作品がこちら。
悩みや不安を捨て、何事にもチャレンジしなければ始まらない。
落ち込んでばかりいてはなにも生まれないというメッセージに心打たれる方も多いのではないでしょうか。

誰にでも悩む時はあるし、暗い気持ちになる時もある。
その感情を全面に出した作品たちに勇気をもらった自分がいました。
今回の展示で落ちこんだあとには必ず明るい未来が待っている、というポジティブさを感じ、表現することの面白さを改めて実感することができました。



作家紹介

PINKy
instagram:@pinky_painter_aoi

MORIBO
instagram:@naoki_moribo




>>>スペース詳細はこちら

staff Azusa