Calorie Mariko『シェアハウス』

Calorie Mariko『シェアハウス』
2018.6.9 - 2018.6.10
[WEST ART POCKET]


ドローイングに現れた人物たちの記録と集積、観測。「シェアハウス」と名付けられた2回目の展示は前回よりも作品数が大幅に増えたものとなっています。
会期中はCalorie Marikoさんも在廊されておりドローイングを制作する様子も見られるかもしれません。一部になりますが展示の様子をご紹介します。






女子美術大学ヴィジュアルデザイン専攻を卒業後、お仕事の傍ら日々生まれてくる感情を少年や少女のドローイングを通して表現しているCalorie Marikoさん。
ドローイングの集積の中に自分自身の核となるものを見つけることが目的とでもいうべき展示風景は、これまで描いてきたものを一堂に集めたものとなっています。
在廊中も机の上で手を動かしていらっしゃる姿が印象的で、ドローイングの数も展示中に増えていくようです。


全ての展示作品ではありませんが、作品によっては微妙な陰影が作品の隅に見られます。
これはCalorie Marikoさんがご自分のドローイング作品をそのまま展示せず、あえて写真で撮影したものを展示するという行為の中で生まれる表情のひとつです。ドローイングや撮影を通してより客観的に自身を捉えようという意志を感じます。
 


こちらはポスターの表紙にもなっている作品。
どこか寂しげで儚ささえ感じる少年は何を訴えかけているのか。
すべての作品を鑑賞したあとどのような感情が生まれるのか。是非足を運んで見てください。



展示は本日が最終日となります。
ご来館お待ちしております。


-出展者-

Calorie Mariko
2017年、女子美術大学ヴィジュアルデザイン専攻を卒業後
現在は清掃業のお仕事と絵を描いたりしています。
友人とアトリエを持つのが当面の夢です。
今後の活動もゆるくご支援いただければ幸いです。

Twitter:@CalorieMariko


>>> 展示スペースの詳細はこちらから

DESIGN FESTA GALLERY 原宿
Staff Jun