くだらないもの工房 『あいまいな分岐展』


くだらないもの工房
『あいまいな分岐展』
2018.3.24 - 2018.3.25
[EAST 304]

「人生は、分岐点が多すぎる。」

作家の匠さんによる、優しく幻想的な光が光る
卓上セーブポイント作品の個展が開催されています。

ゲームの中にある、セーブを行うための地点が設けられたその地点はセーブポイントと呼ばれているそうです。
その「セーブポイント」をイメージにし、
幻想的な雰囲気が漂う卓上式のセーブポイントを制作している匠さん。


セーブポイントでセーブしたあと、さらにゲームを継続してから中断すると、
再開時はセーブポイントまで状態が戻されるという、守ってくれる場所となっています。

「一度部屋全体をこの光だけで満たしてみたい」というきっかけに開催された個展となる今回は、
様々なセーブポイントが真っ暗の部屋の中で優しく光っていて、ゲームの世界に入り込まれたような幻想的な空間が演出されています。


どの作品も一点物で、1つひとつ丁寧に仕上げられていています。
近くで見ると、セープポイントの中に光が踊っているように見えます。


赤のセーブポイントは毒々しく、
赤い薔薇のような情熱的なイメージが感じます。


ミニセーブポイントもありますよ〜是非好きな色を見つけにきてください^^

展示は明日(3/25)が最終日!
是非お越しくださいませ〜♪



くだらないもの工房
http://kudaranai.blue/


 

【展示スペース:EAST 304】
Staff jessie