ぐぅ及び獄 『4×4×4=?』 2017.7.23 - 2017.7.29

ぐぅ及び獄 『4×4×4=?』
WEST 1-A
2017.7.23 -  2017.7.29

切断された血まみれの手足や指が転がり、倒れた花瓶からは赤い液体が
こぼれ広がる。
現実逃避の御手伝ひを致します。皆様如何ぞ御遠慮無くご利用下さひませ。
不気味だけど共感してしまう、死をテーマにした展示をご紹介します。



仄暗い照明の中で展示されるぐぅさん、獄(ひとや)さんによるふたり展。
天国、地獄、現世をテーマに、3つの「死」が表現された展示となっています。

赦せない
殺したい
死ね

一見異空間で不気味に感じる雰囲気と、負の感情や思い、言葉で埋め尽くされた
展示からは強い怒りと悲しみが感じられるものでした。

普段は隠されている感情ながら、確実に人の中にある普遍的なものであることも
確か。これらの基本的な感情の過剰流出が、時に人に突飛な行動や言動を
させてしまうのでしょう。
ついつい一つひとつのことばに目を向けて、自分に重ねあわせてしまう内容です。


「宇宙卵」という神秘的なタイトルのキーホルダーとともに飾られた紙切れは
傷みや悲しみ、怒りなどがテーマに綴られた言葉たち・・・
私達が日々感じる感情を代弁してくれています。


ずいぶんと明るく写ってしまいまいしたが(すいません)、菊が咲いていたり
剥がれた壁から目が覗いていたりとじっくり見るとビクッとするもので溢れています。


入って右側の壁面は一見ファンシーな展示に見えますが、「死」と「愛」と書かれた
用紙がつまったラッピングバッグや
「アイシテイルノクスリ」「エイエンヲテニイレルクスリ」「ヒトツニナロウクスリ」
などなど意味深な名前の薬瓶が置かれていてやっぱり恐い。。。
アイシテルノクスリは効能が気になります。

展示は7月29日(土)、週末まで行っております。
ご来館お待ちしております!



【使用スペース:1-A】

DF STAFF ASUKA