はらぼり 『わるあがきてん』


はらぼり
『わるあがきてん』
2017.2.27 - 2017.3.1
[WEST 1-D]

同じ高校を通っていたはらさんとぼりさんによる、
それぞれ違う大学での最後の記念として行われた、
「人」 と 「花」をテーマにした二人展『わるあがきてん』の展示様子をご紹介します。


こちらの壁には、日本女子大学で文化学科を専攻している、
絵を描くのが好きなはらさんの数々の絵画作品が並んでいます。

上品な薔薇だったり、可愛らしいスズランだったり。

今回のテーマは「人」と「花」ということで、
花と人物に組み合わせられ、それぞれ違う空気が漂います。


【涙(Tear)】

目からこぼれ出したランタナーの涙。

たんタナーの花言葉は「心変わり(Lantana)」だそうです。
人間の心境が変わる際に、その悲しさはランタナーのように、
感情がボロリと溢れてくるのでしょうか。


こちらの壁に貼られたのは、明治大学で演劇学を専攻している、
写真を撮るのが好きなぼりさんの写真作品です。

こちらの女の子の女性らしさが感じられるのは、
「たからばこのあつかいかた、みっかにいちど、うらにわのはなしずくを、
すいせんからたらしてあたえてください。あとはご自由に。」という
コンセプトにした数々の写真作品です。

女の子の宝物を、いろんな角度や目線から捉えて、
日常を非日常に感じさせる、ふんわりとした雰囲気が漂います。



こちらの壁には、
「スズランより強くシロツメクサより弱い
月を池に沈めて遊ぶ
白鳥にいたずらが見つかる前に帰ること」
というコンセプトにした数々の作品が並んでいます。
公園を背景に、遊んでいる二人の姿を見ていると、
優しく暖かい風が吹いているのかのようです。

スペースにいると、春が来る予感が溢れる
明るくて清々しい空気が感じますね〜♪


展示は本日が最終日となりますが、
次はどんな作品が見れるのか楽しみにしています^ ^


-出展者-

はら / 品女卒 日本女子大学 文化学科3年 絵を描く
ぼり / 品女卒 明治大学 演劇学専攻3年 写真を撮る


【展示スペース:WEST 1-D】
 DFstaff jessie