東京工科大学合同展示会



東京工科大学合同展示会
2017.2.13 - 2017.2.15

WEST館とEAST館の両館で大規模な展示会を開催中、
東京工科大学合同展示会。 
本記事では、WEST館「1-B,2-B,2-C,2-E」の展示会をご紹介します。

1-B:美術倶楽部
2-B:総合創作部
2-C:美術同好会
2-E:アミューズメントメディア研究会



WEST : 1-B「美術倶楽部」


「赤」momoka


「色(Color)」をテーマにした絵画作品が集まった、
美術倶楽部さんのブースがこちら。

眉間に力を入れ、シワを寄せ、熱唱する瞬間を、
情熱的な赤色で描いた。


「ハイスクール」かこしまはるか


真っ暗な空間に、ポツンと置かれた学校椅子。
白く塗りつぶされた椅子には、
チョークの粉が付着したかのように、
優しく、淡い色が付いている。

子供たちに汚されたとも見ることもできるし、
椅子が持つ不可視の心情の現れとも見て取れる。


「色鉛筆」谷村 那子


色鉛筆で描かれた色鉛筆。
まるで円陣を組むみたいに、
それぞれの鉛筆が、向かい合う。

これから何を描こうか、
仲良く相談しているみたいだ。

WEST : 2-B「総合創作部



宇宙をイメージしたと思わせる、
総合創作部さんのブースがこちら。

ご覧の通り、白色の壁面に、
パープルの色紙を貼り、そこから始まった小さな宇宙の中に、
イラスト作品が飾られている。




個々の作品は、惑星を模すように円形にカットされ、
また惑星の名をつけるように、キャプションが置かれている。

宇宙、そのすべてを観測しきれていない以上、
何があって、何がない、とは言い切ることは困難で。
それらすべての可能性を肯定するだけの舞台がここにある。




同スペース、テーブル上には、
もっと小さな宇宙が広がっていました。
水瀬硝さんの作品は、飴玉のように小さく、
口にほうりこめそうなほど、美味しそうだ。

WEST : 2-C「美術同好会」



アナログ絵画作品が集まったこのブースには、
美術同好会の皆さまが出展中です。

展示会タイトルは
『MEI MEI~メイメイ展~』


「Remake」藤川 克也


素材は針金と桐。
3DCGで鳥のモデリングしたかのように、
非現実の装いだが、その足元が木片に置かれることで、
現実世界に片足以上は突っ込んでいる印象を与える。

やがて動き出し、室内を飛び回るかもしれない、と。


「Rain」徳増 晃


なみなみ、という言葉がよく似合うくらいに、
多量の雨水が降りしきる状況が描かれている。

フードをかぶるだけ、多量の雨をものともしない人物と、
派手な色合いの傘で雨をしのぐ人物の対比。

びしょ濡れのはずの前者の方が、
涼しい顔をしている気がするのは気のせいだろうか。


WEST : 2-E「アミューズメントメディア研究会」




2-Eのスペースに出展されているのは、
約60名もの部員を抱える、
「アミューズメントメディア研究会」の皆様。

本展示会では、部員の皆様が制作された、
イラストブックがご覧いただけます。




研究会の活動として、
自主制作漫画誌展示即売会「コミティア」に作品を発表する傍ら、
プログラミングの講習会を実施したりと、
将来的には、研究会としてゲーム制作に着手する構想があるとのこと。
是非とも実現させて欲しい!


本展示会は、明日2月15日(火)までの開催です。

東京工科大学合同展示会
2017.2.13 - 2017.2.15