わたいき展 わたしと「  」といきづかいと。』



わたいき展
わたしと「 」といきづかいと。
会期:2017.2.21 - 2017.2.25
WEST : 2-D SPACE


Akane.さん、柳下さやかさん、たかはしさん
女子美術大学で洋画を専攻している三名のグループ展
「わたいき展」をご紹介いたします。





Akane.さんの作品は計三点の写真作品。
都会の街並、高層ビルをおさめた写真を、
加工し、レイヤー状に重ねることで、
異なる都市の像を作り出す。

手前の作品では、異なる土地のビルを切り貼りし、
また部分的に複製し、貼付け、つまり増築を行っている。

素材は現在も残っているものであるというのに、
切り貼りしただけで、ほどよい違和感が生じる。

似た感覚は、漫画の世界で感じたことがあるなと思った。




柳下さやかさんは、ドジョウをモチーフにした作品を出展。
なんと、ご自宅でもドジョウを飼われているそうです。

過去の作品のポートフォリオも拝見しましたが、
ドジョウというモチーフを、崇拝するための偶像のように、
宗教画のように描写した作品が多かったのが印象的でした。

しかし、ふっと笑ってしまうだけのユーモアもあって、
創唱宗教というよりも独自の自然宗教感が垣間見える作品でした。

本作の横には、三つの胴体を持つドジョウを描いた油絵がございます。
支持体がスクエアだったら、より曼荼羅みたいに見えますね、
なんて仰っていました。こちらの作品は是非会場にてご覧ください。




最後にご紹介するのは、たかはしさんの人物画。
以前は、想像上の人物を描いたこともあったそうですが、
現在は、モデルありきで人物画を描いているそうです。

目の前に実際にいる人物を描くにあたり、
何を拾い、何を捨て、何を強調し、何を隠すか。

本作では、光と影の強いコントラストが、
一つのシーンを印象深く切り取っていますが、
その真意はモデルしかしらないかもしれないし、
もしかしたら、モデルさえ知らないかもしれない。
言葉に置き換えにくいイメージを見事に捉えている。


わたいき展
わたしと「 」といきづかいと。
会期:2017.2.21 - 2017.2.25
WEST : 2-D SPACE