関東学院大学写真部4年生



関東学院大学写真部4年生
2017.2.27 - 2017.2.28
EAST : 303 SPACE


外光が入らない、静かな会場に、
また静かな写真が飾られている。
関東学院大学、写真部の展示会。




小檜山茜さん


並べられた複数枚の写真、
色調は全てブルーで統一されている印象である。
人気の無い、でも人々の営みの気配ある風景は、
寒々しいけど、嫌いじゃない。
感傷的な気持ちになったとしても、
それは心地良い刺激にちがいない。


「四年間」室井 翼さん


何気無いふとした瞬間に、
シャッターが切られたかような印象を受けたのだが、
数枚も眺めれば、それは間違いであることに気付く。

風景の切れ端のように見えたりもするけど、
それは大切な一瞬を大きく捉えようとした結果。
名もなく、抽象的な輪郭をしていようとも、
愛おしいと感じられた、その姿の記録。


「幻影」よしだ えりこ


密やかに佇むその存在は、まぼろしのように消えていく。
どうか見失いませんように、穏やかな気持ちで。

写真越しでは伝わないかもしれない。
ノイズがのった、ザラついた情報によって、
構築された風景写真である。
不思議なことに、ノイズと表現したそれが、
排除すべき要素ではなく、味わい深い像を作り出している。

写真間の距離は均等ではなく、差が見える。
この差が、像と像との物理的・心理的な距離に見えてくる。


前述の通り、とてもとても静かな会場。
自分の足音が響くくらいに。
こういう写真展、好きです。

関東学院大学写真部4年生
2017.2.27 - 2017.2.28
EAST : 303 SPACE