青山学院大学写真研究部 『青山学院大学写真研究部 『冬展/卒展2016』』 2017.2.9 - 2.15

青山学院大学写真研究部
『青山学院大学写真研究部 『冬展/卒展2016』』
 2017.2.9 - 2017.2.15 @EAST 201,202


青山学院大学による卒展/冬写真展。
つぶぞろいの個性がひしめく彼らの展示は見応えも十分。
その展示の様子をご紹介します。



今回は卒業生が一人だけという青山学院大学の写真展。
個々の味が光る展示は、決してまとまりがないものではありません。

コンセプトは違うものの各々が本質を捉えた中での作品展示となって
おり、ひとつひとつじっくりと見られる充実した展示となっています。


唯一の4年生、松田さんによる「生」とタイトルがうたれた作品のひとつ。
ひしめく”命”の大群は人間社会に慣れすぎた私たちへ、自然界の共存や秩序の
存在を思い出させてくれるかのようです。


カナダで撮影したというグラフィティアートの写真たち。
何気なく歩く街や風景の中に、これだけのクリエイティブが溢れていることが、
これだけの人間の思考が動いていることが、素敵だなと思います。
でも落書き禁止の場所には描いちゃダメ。


この何でもない風景にしあわせというタイトル。
そしてそのしあわせなを感じる思いが伝わってくる素敵な写真です。
当たり前に家族や友達といられることを大切にしたいものですね。



工事現場の、昼間の写真と色を反転させた写真との対の作品。
単純に色の対比などビジュアル的にも興味深くまじまじと見てしまう作品ですが、エッセイ的に語られるキャプションにも注目してみてください。


こちらは個々の作品とは別にテーマを設けて撮影された作品コーナー。
アンケートもあるのでお気にいりの作品にはコメントしてしてみてくださいね。


日曜日に在廊していた写真部のメンバー。卒業するまつださんを囲んで、
快く撮影に応じてくれました!

展示は2/15(水)まで。ぜひご来場ください^^


【使用スペース:EAST 201,202】

DF STAFF ASUKA