ChainFocus 『ChainFocus EX#4』


『ChainFocus EX#4』
ChainFocus
2016.10.28 - 2016.10.30
at EAST 204


写真を使った新しいコミュニケーションのかたちChainFocus。
一言で表すのなら、写真を使った連想ゲーム。
写真を「自分の主観」をもとにしながら、「連歌」のようにつなげていくプロジェクト。
作品を鑑賞するということについて今一度考えることのできる展示が開催されました。




ChainFocusとは、ハルクさんとはたちさんが学生だった2010年にスタートしたプロジェクト。
プロジェクトでは、一方が作品に込めた「テーマ」をもう一方が作者から聞かずに想像し、想像したテーマでもう一方も作品を制作。
このようにテーマを互いに連想しながら作品を制作していきます。



会場に足を踏み入れると、ハルクさんとはたちさんによる10枚の作品が相互に展示されています。
展示作品にはキャプションがなく、観客は2人の連想を追いながら、作家がしたのと同じように、自分なりに作品のテーマを想像し、解釈をしていきます。
観賞後には、小冊子に別途まとめられた作品のキャプションを観て、
作者の設定したテーマと自分の解釈を照らし合わせてみることができます。



作品を鑑賞していくと、日頃いかに作品のキャプションから情報を得ているのか体感できました。

はたちさんは今回の展示について、
SNS等で日常の中に写真が溢れる現代に、もっとゆっくり写真と向き合ってもいいんじゃないかという思いから展示を構成したと話してくれました。

作家のおふたりも自らの活動について次のように語っています。

「写真には、表現者が表現したいテーマが存在しています。
しかし、そのテーマはほんとうに写真を観る側に伝わっているのでしょうか。
自分の写真が、相手にどう捉えられているのか。
相手の写真が、自分に何を訴えているのか。
「ChainFocus」は、主観だけを頼りにそれを考え、伝え、そして裏切りながら写真をつなげていく試みです。」

バーチャルではない、展示という方法で、作品に向き合い、作品の向こうにいる人に向き合う。
そんな当たりまえのようで、どこか新鮮な感覚を思い出させてくれる展示でした。

これからもプロジェクトは継続していくとのこと。
今後のお2人の活動にも注目したいです!


Web
http://chainfocus.me/

Facebook

Twitter
> ChainFocus @chainfocus 
> ハルク @halu9
> はたち@togemaru_k


【 展示スペース : EAST 204 】


shimada