どら くろわ 『私たちは、「生きる」に投稿する夢を見た。』

「くたばる時ぐらい 明るくいさぎよく」

 『私たちは、「生きる」に投稿する夢を見た。』
 どら くろわ
 WEST 1-G:2016.4.30 - 2016.5.7

数年前に、谷川俊太郎さんの「生きる」という詩に触発された人達が
SNSでコミュニティをつくり、自分たちも「生きる」をテーマにした詩を投稿し、
最終的にはそれらの詩で一冊の本が刊行されたことがあります。

毎年GWに行われる、どらくろわさんの展示会。

今回はそれに触発された草花たちが詩を綴り、自身の姿の写真とともに展示会を
開催した、というストーリー。

懸命に生きる草花たちの姿を写真と詩で表現します。



世界初かもしれない、草花たちによる詩の展示会。
様々な草花たちが語る壮大な叙情詩と、美しい姿が会場に広がります。


 
会場の壁面をページに見立てた、全4ページの大きな詩集。


あのえもいわれぬ焦燥感は、生き物すべてに等しく訪れるのでしょうか。


慎ましい思いに、胸が締め付けられます。


力強く、美しい姿。
生きることはサバイバルです。自分もそうありたいと願います。

写真作品はポストカードサイズになって販売中。
「生きる」について、来場者が付箋に書いて貼っていくこともできます。
あざやかな蝶の形をした付箋が、草花たちを彩って最終日にはまた違った
雰囲気の会場になりそうです。

展示会は明日が最終日。
草花たちのつむぐ詩と、美しく咲く姿をぜひ会場でご覧ください!





【出展スペース:WEST 1-G】

DF STAFF nakagawa