平岡鬼成 『墨空間』


 平岡鬼成 『墨空間』
 WEST 1-G:2016.4.25 - 2016.4.27


 墨の色に魅せられ
    墨の持つ不思議な空間、無限の色彩
 墨の黒と和紙の白 
   白黒のコントラストの美しさ


 墨絵の偶然性は必然的

 心のなすがままの自己表現

 流れ出す溢れるおもい

 誰も見たことのない世界を目指して
 一筆の思いを描く


大胆に、ときに繊細な筆遣いで描かれる墨絵の世界。

平岡鬼成さんの独創的でユーモア溢れる作品をご紹介します。





「想像してみて下さい。絵の観かたは無限です。」

作品タイトルと描きこみ過ぎない絵のバランスが絶妙で、
想像力をはたらかせてみると、いろいろなものに見えてきます。



「とびたい!」と切望するどっしりフォルムの飛べない鳥。



これから花開く、たくさんの可能性を秘めたつぼみ。



ぽっかりと浮かぶ満月。
淡い輪郭と力強い筆づかいで描く闇のグラデーションが、
優しく照らす月の光を見事に表現しています。




立派な巻物の作品も。
観音様、龍神、羅漢(仏教の聖者のこと)など神々しいモチーフが並びますが、
愛嬌のある、ほんわか和むキャラクターになっています。


余計な描きこみがないということは、洗練された技とセンスが必要。
そうした技術が研ぎ澄まされて生まれた線は、柔らかな和紙のなかで
いきいきと楽しそうに動いています。

展示会は明日が最終日。
水墨画、墨絵、というと少し堅いイメージがあるかもしれませんが、
伝統的な技を感じながら、ほっと心が和む素敵な空間になっています。
きっとお気に入りの墨絵に出会えるはず。
ぜひ、会場でご覧ください!


【出展スペース:WEST 1-C】
DF STAFF nakagawa