立教大学写真サークル 徒然 『Photo Gallery 徒然』



 『Photo Gallery 徒然』
 立教大学写真サークル 徒然 
 EAST 303:2016.3.26

学生と社会人OB・OGで活動されている、立教大学写真サークル「徒然」。

今回は4年生の卒業を記念した1日限りの展示会です!



日常の風景。旅先の風景。
国内外問わず様々な景色が展示され、とても賑やかな会場に。

大きくプリントされた作品には撮影場所と撮影日時も掲載されていて、
シャッターが切られたその場所を一緒に想像しながら楽しむことができます。

それでは、徒然メンバーの作品を一部ご紹介します!

「いつものぼくらと」
齋藤 佑一朗
練馬区

いつもの通り道、いつものメンバー。
変わらない毎日だけど、桜が咲くたびにみんな少しずつ成長していっている。

「河辺のせいかつ」
阿部 友美 
タイ バンコク

きっと昔から変わらない日常。異国の風景なのにどこかほっとします。

「二月の水」
永野翔一
広島県 尾道

暗く重く波打つ様子と、光をきらきらと反射する水面。
恐ろしさと美しさの対比のようにも見れる作品。

「壁絵」
古上 友紀乃
バリ島 スミニャック 

路地の壁に描かれた、路地の絵。大きな道路や家々が重なって、少年が
不思議な空間に迷い込んだかのよう。南国らしいカラフルな色づかいがまぶしい。



「花衣」
横田 ゆい
奄美大島 名瀬

卒業を迎えた皆さんにぴったりの、華やかでやさしい作品。
今年の3月に撮影されたそうです!
寒い日はまだ続くけれど、春は確実に近づいているんですね…



















こちらの写真集も横田さんの作品。
卒業旅行で行ったヨーロッパの街並を収めた“Germany”と
自然の花々や風景を収めた“Days”。
どちらも美しくまとめられています。


在廊中の徒然のみなさん。とても仲のよい雰囲気が伝わってきました!
これから社会人になる4年生の皆さんも、先輩からアドバイスをもらえたら
心強いですよね〜

今回の展示会は横田さんが発起人となり、学生最後の記念として企画したもの。
新しい生活に慣れるまでは大変かもしれませんが、またぜひみなさんの作品が
見れることを期待しています!

ご卒業されるみなさま、おめでとうございます!!


【出展スペース:EAST 303】

DF STAFF nakagawa