左野ナオイ,echo 『喪失点』


左野ナオイ,echo 『喪失点』
2016.3.25 - 2016.3.27
[WEST1-D]


インドで出会い、カレーで結ばれた左野ナオイさんとechoさん、
2人によるスパイシーな展示の様子をご紹介いたします。


―――もしもし、神様?



報われない僕は いまの穏やかな毎日に寄り添い
■■■を待つのです。



ひとつのスペースを二つに分けて、左側の壁にはechoさんの作品、右側の壁には左野ナオイさんの作品群が沢山飾られています。

その一部の作品をご紹介します。


左野ナオイ



【沖縄さん】佐野ナオイ

男の子の顔が、割れた鏡になっています。
鏡の向こう側には、何かを映っている。
何も理解できる、何も見透せるようです。




【もしもし、神様】佐野ナオイ

青い空と青い海。
少女の後ろ姿から少し淋しい雰囲気が感じられます。
左手に纏わられた赤い糸の先は、見えなく遠いところに届けているのかのよう。
もしもし、神様。
その糸で希望を届けるのかな。



【喪失点】佐野ナオイ

水彩のその透明感が良いですね。
白い紙に、少女のスカートに、赤いハンカチに、
薄くて薄くて、染みている。



日記や過去のものを全て振り返ってみる。

そのノスタルジックな気持ちが全てここに凝縮されています。


echo



【待ち合わせ】echo

憂欝な雰囲気が感じられる、青くて泡のような、抽象的な絵画作品。



【おばけ】echo

明るく優しい色合いで描かれている
5匹のお化けが並んでいます。
口も足も手もなく、真ん丸のお目がついています。
なんか可愛い~♪






家の中にある記憶にないモノや文章を集めて眺めるだけ。
今回はそれだけ、忘れないように。


子どもの頃に描いた絵と文章が沢山貼られています。
昔の記憶を喚起するように、
楽しいことも、悲しいことも、面白いことも、いろいろな思い出が湧いてくる。




展示は明日が最終日!是非ご来場くださいね♪


-出展者-

◎左野ナオイ 



◎echo 



【出展スペース:WEST1-D】

DFstaff jessie