『アメオプ展』WEST 1-C: 2015.12.9 - 2015.12.15


『アメオプ展』
WEST 1-C:2015.12.9 -  2015.12.15

文化服装学院に在籍中の小嶋さん、桑原さん、清水さん、岩本さんによる、
今年2月に同スペースで行われた『アメオプ展』の第2弾!
「アメオプ」とは、American Optical を指します。
今回は岩本幸一郎さんの写真作品をメインに、小嶋さん、桑原さん、清水さんの
服飾作品が展示されています。

前回の『アメオプ展』の様子はコチラ






すべてフィルムで撮影されたモノクロとカラーの写真作品。
もともとはデジタルカメラを使っていた岩本さん。
フィルムカメラはお世話になっている写真家の方に教えていただいたそうです。
「作業の合間や運転中にお話したなかでぽろっとこぼれる一言が印象的で、
すべて覚えています」という岩本さん。
「フィルムで撮影をすることで、写真というものが分かった気がします」
今年卒業を控える3年生。
卒業後は写真の道に進むことを決めているそうです。

“写真は楽しい” “写真は音楽のようだ”
いろいろな想いから付けられた写真集の名前は、「写楽」。
やさしい表情でうつるお二人の姿がとても微笑ましい一枚。

岩本さんの写真には人も風景も登場しますが、共通して感じるのは相手(被写体)に
対する優しさと真摯な姿勢。
尊敬の念をもって、写真を撮る。
お話してくださった言葉どおりのすてきな作品です。


小嶋さん、桑原さん、清水さんが手掛ける服飾作品。
スタイリッシュなキャメルのコートの後ろには、異素材や派手な柄を組み合わせた、
カジュアルな印象のジャケットやコート。

かっちりとしたウールのトレンチコートは、茶色のころっとしたボタンとチェックの
ベルトがアクセント。重くなりがちな黒のロングコートに、可愛らしさとかっこよさを
備えた存在感のある仕上がりになっています。

遊び心あふれるデザインながら、どこか上質な雰囲気漂う、不思議な魅力をもった
作品たちです。

『アメオプ展』は12/15まで開催中!
写真/服飾作品ともに見応えのある、そして将来がとても楽しみな作家さんたちの
展示会です。ぜひ、会場でご覧ください!!

【出展スペース:WEST 1-C】

DF STAFF nakagawa