嗚倉 『塵』

 嗚倉 『塵』
 WEST 1-F:2015.12.23

  塵のような人間たちは、それでも息をして、生きようと。

“感情の表現”をテーマにした、嗚倉さんの新作展示会。
本日限り、本年見納めです!



赤味の強い黄色、毒々しく見開かれた左目、感情が欠落したような不穏な微笑み。
左から2番目の絵は、今回の展示会に向けて最初に出来上がった1枚。

今までは、一番右端の作品のような淡く儚げな作風という印象でしたが、
今回は「感情を表現する」というテーマのもと、強い筆遣いと色合いの作品が
多く並んでいます。

首から上だけを描く、という縛りだけを設けて、あとはひたすら純粋な感情のまま
描いていったそうです。

強烈な印象の、赤の3作品。
とくに、静かにこちらをみつめる、中央の彼の表情。
目を逸らせませんでした。


ひとつひとつが作品として成り立っていながら、1人の人間の中にある様々な感情を
表現した連作としても見れます。
少しずつ高さを変えてリズミカルに展示された様子は、感情の起伏のよう。

感情は喜怒哀楽と大まかに分類されます。
嗚倉さんはその大きなくくりでとらえきれない、複雑で、生々しくて、繊細な部分を
丁寧に拾いあげて描いていっているように感じました。


笑顔の作品が増えましたね、というと、「今回はよく笑ってくれました」と嗚倉さん。
ご本人もとても笑顔が素敵な方です。

前回のライブペイントに続き、また新たな境地へ挑戦されていくその姿勢、
本当にすごいことだと思います。

本年は見納め、間に合わなかった方ごめんなさい!
また次の機会を楽しみにお待ちしましょう〜


-----
嗚倉
1992年9月21日生まれ

http://hareyoshi02.web.fc2.com/

□Instagram
https://www.instagram.com/ogurart/

□Tumblr
http://ogurart.tumblr.com/



【出展スペース:WEST 1-F】