Halloween!4時のイラストレーター展



もういくつ寝るとハロウィンです。

さて、本日よりハロウィンをテーマにした展示会が始まりました。
イラストレーター、デザイナーとして活躍する4名が、
「怖い」とは何か?を表現します。

『Halloween!4時のイラストレーター展』
そのだまさあき、すじこ、ツバメグラフィックス(ジックス、内山はるみ)

※夜中の4時は丑三つ時である...






歯医者嫌いな人、手を挙げてと叫んだら、
大半の人はびしっと手を天高く上げるのではないだろうか。
歯は一生もの、ずっとお付き合いする存在。
そんな大切なパートナーの健康管理はしっかりしなくちゃいけない。
だから歯の治療はとてもポジティブなこと。
でもでも、やはりあの空気、甲高いドリルの音、
それらは避けられるものなら避けたい。
でも、このポスターが掲示されていたら、
ちょっとだけ、そんな悪夢みたいな出来事を忘れられるかも。




圧倒的な存在感でイスに鎮座しているこちら様。
すんごく、良い。
心地良い余白と黒フレームにおさめられたその姿、
ベストポジションであると思いませんか?

明るい部屋に居るから怖くないけど、
真っ暗闇で出合ったら、すんごいびっくりして、
そのあと「ああ、お前か」って安心できそうな距離感が良い。




続いてご紹介するのは、黒いクロスに沢山下げられたバッチたち。
何十個とあるが、全て異なるデザインである。
遠目にもこちらの脱力を試みる。




最も破壊力あったバッチがこちら。
なんかもう、いろんな要素がごっちゃになって、
最終的にネコのフォルムにおさまっている。

でも、仲良くなれそうな気がする。
共有頂けますでしょうか、この気持ち。




先にご紹介した作品上で「ドラキュラ」と出合ったから、
すんなりと、この一枚が月夜であると認識しました。

照明を落とした和室にぽんっと飾れば、
もし月が雲隠れして、お月見できちゃう。
そんなことを考えた。




最後にご紹介するのは、
小さな棚の上の光景。

ペイントが施されたグラスとLEDランプ、
そしてカボチャ、オバケのイラストがまるで祭壇みたいに並んでいた。




冷静に考えてみれば、
出来事や作品の一つ一つには「怖さ」があるのだけど、
それを身近に、もっと関わり合いたいと思わせるつくり。

その外見も中身も制作過程も、
どこをとっても楽し気な想像しか出来ない。

夜が楽しくなるような展示である。


そのだまさあき、すじこ、ツバメグラフィックス(ジックス、内山はるみ) 
『Halloween!4時のイラストレーター展』
会期:2015.10.30 - 2015.11.1

(ぱんだ)