じょしびっこ


神田愛美 / 工藤亜希子 / 高野瑠美 / 寺澤澄夏
『じょしびっこ』
2015.8.14 - 2015.8.16

本日より WEST 2-C ではじまりました、「じょしびっこ」のご紹介です。
タイトル通り、女子美術大学生4人による展示会です。




高野瑠美さんの油絵。
隅田川を題材に描かれています。

このべたっとした独特のタッチ、独特の色彩感覚がとにかく魅力的です。



植物好きでもある高野さんは植物園を描いた作品も展示されています。
描き込むところと、あえて描き込まないところを残してメリハリをつけています。


工藤亜希子さんの作品。油彩です。
人物画を主に描かれています。

今回の展示作品にはありませんが、これまで数年に渡り母の絵を描き続けていたそうです。実の母を書き続けるって、すごく面白いと個人的には思うんですが、、

今回は自画像と友人、そして紫陽花の花の3点を出展されています。


友人を描いた作品。
少し大胆なタッチがいいですね。


こちらは神田愛美さんの作品です。
ご覧の通り、見たことないような不思議な感性を持った神田さんの作品は見ていて好奇心をくすぐられます。



見てください、こんな白クマ見たことありますか?めちゃくちゃカワイイです。
この一連の作品に登場する動物は、本来寒いところに住む動物たち。

「馴染む」をテーマにした作品は決して動物たちだけの話ではなく、わたしたちが生きていく上でも必ず体験していく事柄なのです。


寺澤澄夏さんの作品。
画像では分かり辛いのですが、タンポポの綿毛が舞っています。
和紙に岩絵の具で描かれています。

日本画ならではの落ち着いた色と寺澤さんの優しい絵がマッチしています。


「きらきら」
大宇宙をバックに、白クマが戯れています。家族でしょうか。
ポップさを感じさせながら、深く幻想的でもある美しい作品です。


今回の展示会のツイッターアカウントも併せてご覧下さい。
https://twitter.com/joshibikko

展示会場:WEST 2-C



chida