『ame展』 [WEST 2-C: 4/1-4/3]


  何かの拍子にふと思い出すような 柔らかい記憶 その感触
  懐かしくて愛おしくて 思い返すと涙が滲んでしまうような
  情景


テキスタイルやアクセサリーを制作されているminun   lamppu  (ミヌン ランプ)の
moneさん初の展示会。
『雨』をテーマにした新作と、これまでの作品もあわせてご紹介します!





『万華鏡アクセサリー』
万華鏡をのぞきこんだ世界を、そのままとり出したかのよう。
名前がつけられた作品もあり、それぞれが創られた情景を想像するのも楽しみのひとつ。
普段は下北沢の素今歩やminneで販売されています。



雨粒に淡くにじむ、紫陽花をイメージした新作、『あじさい の なみだ』。
moneさんの雨にまつわる記憶や情景は、とても柔らかく、あたたかく、やさしい印象。
こんなにきれいな雨なら、梅雨だって待ちどおしくなります。


こちらは学校の課題で制作された作品。(「エプロン」がテーマだったそうです!)
トップ部分は自身で染め、刺繍を施し、スカート部分はオーガンジーを重ねて巾着型にし、
ひとつづつ綿がつめられてふっくらと軽いつくりに。


こちらは明け方の海で撮影されたイメージフォト。
海を背景にすると、すこし青色が強く感じられます。
自然の色に染まる、不思議なエプロン。


現在専門学校に通うmone(モネ)さん。
今はテキスタイルに一番興味を持っているそうです。
これからどのようなテーマで作品を創られるのか、今からとても楽しみです!

作品もさることながら、作品に添えられた言葉にもとても魅かれるものがありました。
展示は明日4/3が最終日。
moneさんの紡ぎだす世界を体験しに、ぜひご来場ください!

https://minne.com/mone0416
twitter : @minun_lamppu

DF STAFF nakagawa