東邦大学美術部 『東邦大学美術部 学外展』



本日から EAST : 102 にて 
東邦大学美術部による『学外展』がはじまりました。

本展示会では、1・2年生の部員の作品を中心に、発表されています。
ブログでは展示作品の一部をご紹介させて頂きます。






「 鯨型飛空艇 」

ほ乳類最大の生き物、鯨の大きな口が搭乗口。
ツギハギの下あごから搭乗するようだ。
海を泳ぐ生き物が、この世界では空を泳ぐ。
既に、一匹が夕日の向こうへ。
うーん、一度乗ってみたい。



「 残雪 」

美しく咲いているのは桜だろうか。
ふと吹いた風が花弁を散らし、
霧のように立ちこめている。



「 藍色の花 」江藤さん

造花、生花とは違う輝きの花。
ガラスの器もあわせて、全てが作り物であることを強調する。

「途中」

これまた透明な階段が数段現れた。
正に途中まで、現れているが、
辿り着いたものがそこを途中と思うか、
それとも終いと思うか。




「 風化するヘルマン・ゲスラーの遺体 」
玉澤 祐太さん




「 A flower case 」




東邦大学美術部 『東邦大学美術部 学外展』
開催期間は 2015.3.22(日) まで