木村 聡美/森田 玲花 『電車はこないよ』 [203:2/23-2/26]

大学三年から短歌を作り始めた木村さんと、現代詩創作を専攻する森田さん。
そんな二人の詩歌の展示です。

タイトルは『電車はこないよ』
「電車が来なければいいと思ったことが貴方はありますか。
誰かと一緒にいるために、わざと電車を逃したことが貴方はありますか。」
そんな問いかけから展示が始まります。

展示のテーマは、恋愛。
様々な詩を書く二人ですが、共通項を考えた時にこのテーマが出て来たのだそうです。

言葉の展示というのは、視覚で見せるのがなかなか大変なのですが、駅のホームや駅から見える街の様子をモチーフにし、視覚的にも見応えのある会場構成となっています。


電線にぶら下がる詩。

詩の書かれた缶バッジのがちゃがちゃやzine、フリーペーパーなど。

街のネオンやゴミ箱、ポスターや張り紙を模した展示物。

 ゴミ箱の中にも詩歌が。
がさごそ漁って、自由に読むことができます。


ブログだとどうしてもビジュアルの紹介になってしまうのですが、やはりこの展示のコアは二人の言葉。
会場の雰囲気を楽しみ、二人の渾身の詩歌を読んで行ってください。
言葉の巧みさにはっとしたり、思わず共感してしまったり・・・。
現代を生きる二人の等身大の感性がここにあります。

森田 玲花
http://aboutmrtrik.tumblr.com/

DF STAFF KOZUE