まつもとさち、ひるたたかひろ、いとうとしや、たかのゆりな 『四人展』



まつもとさち、ひるたたかひろ
いとうとしや、たかのゆりな

 『四人展』

WEST : 2-D にて開催中






1枚目の写真を思い出して欲しい。
「おやおや」という吹き出しがあったはずだ。

そう、今展示会のテーマは【おやおや】

ぼんやりとしたイメージを伝える言葉から、
生まれた作品が並ぶ。


たかのゆりな

たかのゆりなさんは「旬」の野菜を取り上げて、
計12枚の絵画作品を展示。
作品タイトル部分には、季節と野菜の名が添えられている。


「January」 ふきのとう 菜の花 ごぼう みかん
たかのゆりな


立派に大きく育った食べ物の中に、
小人が紛れている。

小さな彼の身体が対比となりて、
食べ物の偉大さが強調される。


「本当のこと言うとね」
まつもとさち

女の子モチーフの作品を数多く手掛ける
イラストレーター/まつもとさちさん。

和紙にインクジェットプリント。
またモデリングペースト、メディウムも使用し、
出来上がった特徴的な画面は写真越しでもうかがえるはず。


「溜息」
まつもとさち


女の子の口からはスライムのような溜息が溢れ出ている。

彼女は、編み上げた溜息の上に頭を投げて、
水面にぷかぷかと浮いているようだ。

溜息とは吐いたら「はいさようなら」
というものではなく、
どこまでも自分と繋がっているような気がする。

幸せが逃げるよ、とか聞いたこともあるけど。
こんな情景を見つけてしまったら、
一息つきたくなる。


ひるたたかひろ

私はふと花札を思い出したが、
ひるたさんに直接お尋ねしたところ「マッチ箱」であった。

昔はよくストーブもマッチで着火したものだが、
やはりライターに変わってしまったと思う。

しかし、マッチ箱のフォーマットは愛らしい。
そして描かれたイラストも可愛らしい。

ほら、アライグマくんだって
男性器に酷似した電化製品を綺麗に洗っているよ。
他にも乳房を這うナメクジや、
乳房を刈り取ろうとするカマキリがいたり。

うーん、愛らしい。


ひるたたかひろ

説明が遅れてしまったが、
ひるたさんの作品はシルクスクリーンプリントである。

こちらの作品も大変、大変愛らしい。

暇をもてあましたお猿さんは暇を何やら潰している。


ひるたたかひろ

もうちょっと下に目を向けると、
計三通りのプレイングマニュアルがご覧の通り。

つぶらな瞳でやることやってる。

あぁ、本日も平和である。
鮮やかなインクが夕陽のように眩しい。


絵本「しゃけのにおいがした」
いとうとしや

これから何か幸せな出来事がやってくる、
という表情では無い。
これは、たくらんでいる表情である。

もうこの表情とタイトルでお察しの通り、
緩急つけて読者をおいてけぼりにしようとする。




会場には他にもいとうさんの絵本が展示されている。

「鳴り止まぬ空耳」
「さよならサンライズ」
「みんな考えてる。」
「ピープーサンダル」

ページを読み進めるごとに、
「もう、どうしよう...」となる。




極めつけはこの一枚。
これが画用紙ではなくキャンバスに直書きされている点からも、
程良い狂気を感じ取れる。


「四人展」というシンプルなタイトルながら、
中身は濃厚である。

- - -

まつもとさち、ひるたたかひろ、いとうとしや、たかのゆりな 
『四人展』
会期:2014.12.13 - 2014.12.20

(ぱんだ)