□ -vol.1-



MIYUKI TERACHI
MARIE TOTSUKA
SAORI OHASHI
ERI AKIMOTO

四人の女性アーティストによる合同展
『 □ -vol.1- 』
WEST : 1-D にて開催中






ERI AKIMOTOさんの作品




丸みを帯びた、抽象的な記号が、
布地に広々とプリントされ、
羽根を伸ばしている、

ちょっと思考の時間を設けたら、
不思議と「これは○○かもしれない」という
次へのアイディアが浮かぶデザインである。




SAORI OHASHIさん




展示スペースは、まるでおもちゃ箱の様だ。
手法も支持体も異なる作品の数々が、
壁面にずらーっと並べられている。

他にも栞やバッチ、レーザー加工が施されたキーホルダー等、
ふと、誰かにあげたくなるグッズが沢山ありました。



MARIE TOTSUKAさん



シルクスクリーンプリントが施された
手ぬぐいやカードを展示されているMARIEさん

どれも連続性が活きるモチーフをお選びで、
恐竜を多数プリントしたら、でっかい荒野。
フラミンゴ三匹プリントしたら、集団行動。

私個人は上記写真、の三角パターンが好み。
青白青の並びだと、山をイメージし、
黄白貴の並びだと、檸檬味を想う。



MIYUKI TERACHIさん



モデルの表情をプリント&カットし、
コラージュによりメイクを施す。

用紙の裾からはみ出てまで、
自己を表現しようとする。

更に、奥行きを得て、
一つのグラフィックが羽ばたこうとする。

- - -

自分たちのやりたいことを詰め込んだ、
四人の作家による
初の合同展の様子をお届けしました。

□ 『□ -vol.1-』 
期間:2014.10.4 - 2014.10.5

(ぱんだ)