噂の写真展2014 [101:10/21-10/27]

今年も、「噂の写真展」が開催されています。

“この写真展は「写真で伝える会」の下、写真の持つ力を信じ、写真の力によって人と人を繋げ、社会が抱える様々な問題や、繋ぐべき伝統、守るべき環境など、様々なメッセージを発する事による社会貢献を目指し、また表現発表の場を求めている写真家たちの活動の拠点となるべく2008年より毎年開催しております。”

以上は、新橋克裕さんのメッセージの抜粋です。


101というデザインフェスタギャラリーで一番広いスペースを使っての写真展です。
34名による写真が飾られ、多くの方が来場しています。
テーマは自由ということで、日常から非日常、被写体も人や植物といった有機物から鉄道などの無機物まで、様々な写真が並んでいます。











展示の参加者は、年齢も写真歴もまちまちです。
学生やプロのカメラマン、そして普段は別の仕事をしているアマチュア作家もいるのです。
通常なら出会えなかったかもしれない人々が写真を通して出会い、交流していることが、この展示会の大きな魅力の一つだと感じました。

一人の力は小さくても、集まる事で大きな発進力となる、まさに「噂の写真展」なのです。

回数を重ねれば重ねるだけ、更に大きな求心力となっていくことが目に見えるようです。


DF STAFF KOZUE