ねえねえ、これ描い展



和田くんと愉快な仲間たち
『ねえねえ、これ描い展』
2014.9.27 -  2014.9.28

デザインフェスタギャラリーではお馴染みの和田くんと愉快な仲間たちによる展示会をご紹介します。
今回は、あみだくじを使って仲間たちにランダムにお題を投げかけるというユーモラスな方法から生まれた作品が集まっています。




これがその問題(?)のあみだくじ。
上段の方が描いたテーマを下段の方が表現をするという試み。

和田さんいわく、せっかくこんなことをするんだからもっとみんな無茶ぶりなことをテーマにするかと思ったらそうでもなかった。とのことです。


切り絵でつくられた立方体作品。
投げかけられたテーマは「大正ロマン」


こちらは「太陽」。
サングラスをかけていることで太陽を表現するとは、一捻りきいてて素敵です。


こちらは「魚と女の子」。
ただ描くだけでなく、魚はゼンマイを利用して形作られている。


「有名な画家の絵を切り絵で描いて」。
途中で止まっていますが、なかなか面白いテーマですね。


「ハロウィンを描いて」。
これはうまく噛み合って賑やかな作品が出来上がっています。
作品そのものの出来栄えはそうですが、やはりこのプロセスが面白い。


「キラキラ」
簡単なようで難しいお題のひとつ。


「なつやすみのおもいで」
これは作品が間に合わなかったので、代理で設置されている作品ですが、これが大変面白い作品です。
生徒と先生の、日記を通したやりとりを再現しています。
ユーモアあふれる作品。


「水彩絵の具でマイワールド」
これも幅広い解釈が出来てしまう難解なテーマではないでしょうか。


「宝物」
自分にとっての宝物となると、意外と出てこないものですね…。


そしてラストは和田さんの作品。
驚くほど細かい点描画。ボールペンで一粒一粒描かれています。
背景は写真ですが、それにうまく溶け込ませるような描画は恐ろしい程繊細です。



主催の和田さんは今後も精力的に活動していきたいと仰っていました。
お客さんまでをも巻き込むようなこの展示会スタイルはなかなか他にはありません。
今後の活動が楽しみです。


(chida)