バナーエリア

 

このブログを検索

寺坂光恵 『写真展『あいまいもこ』』

寺坂光恵 『写真展『あいまいもこ』』

2020.10.23  -  2020.10.25

[ WEST 1-F ]

寺坂光恵さんを被写体とした4名の写真家による展示が開催されました。プロデュースは被写体もされていられる寺坂さんがやられており、初の写真展とのこと。各写真家が表現する寺坂さんと世界観をぜひご堪能ください。

本展示は俳優をされている寺坂光恵さんが企画した写真展で、寺坂さん自身が被写体となり、4名の写真家が撮影をされています。写真家によって寺坂さんの雰囲気は変わり、色々な表情を楽しませてくれます。

根矢涼香



本展示で一番多くの写真を展示されているのが根矢涼香さん。寺坂さんとの距離感が近い写真を多く撮影されており、心の距離感の近さを感じます。実は根矢さんも俳優をされているそうで、共演したことから仲を深められたそうです。生活の一部を切り取ったかのような自然な表情を捉えており、温かみのある写真です。


白米みき



ボディペイントを施して撮影されている白米みきさんの作品。身体にペイントされていることで被写体の肌やラインが際立ち、女性らしさが前面に表現されています。また、ボディペイントは被写体を人間とは違った存在に見せる効果があるので、神秘的な雰囲気を醸し出しています。柔らかな輪郭や空気感も白米さんの特徴です。


浜田惟寛



浜田惟寛さんが撮影された写真は1枚1枚物語性を感じる写真で、映画のワンシーンとも思える作品となっています。写真の展示方法も映画のように上下に黒帯があり、映画の予告のような断片的にシーンを見ている気分になります。撮影は古民家でされたそうで、雰囲気がとても良く落ち着きます。寺坂さんの俳優業を感じさせる写真です。


凛粋 × kanichan



シンプルなカラーで寺坂さんをクールな印象で撮影された凛粋さん。ヘアメイクはkanichanさんが担当され、3人の共作となります。寺坂さんの内側に秘めた力強い部分が表に出てきたような迫力があります。今回の写真のイメージは、インタビュー記事に使われているようなシンプルかつ人物の魅力を引き出す写真となっています。


鑑賞者は表現者が意図したこととは違った解釈をすることもありますが、それは決して間違いではなく各々の価値観や経験によって異なります。そのような事実から作品の曖昧さを感じ、今回の展示タイトルを『あいまいもこ』とされたそうです。
作品は今回の展示のために全て撮り下ろしとのこと。写真家によって寺坂さんの魅力の引き出し方は様々ですので、ぜひ会場でお楽しみください。



Instagram

 ■ 寺坂光恵(被写体)
   im___tmte

 ■ 根矢涼香(カメラ)
   ryoak_camera

 ■ 白米みき(ペインティング&カメラ)
   hacu.mai

 ■ 浜田惟寛(カメラ)
   photog_hama

 ■ 凛粋(カメラ)
   rin_sui

 ■ kanichan(ヘアメイク/ 凛粋)


<スペース詳細はこちら>
[ WEST 1-F ]

staff:Chi